ここから本文です

「ひどい結果」逆転負けに落胆のハリル、判定にも不満「受け入れがたい」

SOCCER KING 9/1(木) 21:56配信

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の初戦が9月1日に行われ、日本代表はUAE(アラブ首長国連邦)代表に1-2で敗れた。

 日本は開始12分に本田圭佑のヘディングシュートで先制に成功したが、19分に直接FKを叩き込まれて同点とされてしまう。さらに後半に入り54分、大島僚太がエリア内で相手選手を倒してしまい、PKの判定。これをアハメド・ハリルに決められてしまった。78分には途中出場の浅野拓磨が放ったシュートがゴールラインを割ったかに見えたが、主審はGKがライン上で弾き返したと判断し、得点は認められず、結局このままタイムアップを迎えた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「ひどい結果だ」と落胆を露わにすると、「審判の笛の吹き方は受け入れがたい」と判定への不満を口にした。

 また、FKとPKによる2失点は「簡単に防げた」と悔みつつ、「まだ9試合ある。終わっていない」と気持ちを切り替えた。

 日本は6日に最終予選第2戦でタイ代表とのアウェーゲームに臨む。

SOCCER KING

最終更新:9/2(金) 1:34

SOCCER KING