ここから本文です

酒井高徳に好敵手、リオ五輪優勝のU-23ブラジル代表SBドウグラス・サントスが加入

ゲキサカ 9月1日(木)11時9分配信

 ハンブルガーSVは8月31日、アトレチコ・ミネイロからU-23ブラジル代表DFドウグラス・サントスを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は5年間となっている。

 移籍金など詳細は明かされていないものの、独『キッカー』などによると、ドウグラスは2018年までA・ミネイロとの契約を残していたため、移籍金は1000万ユーロ(約11億5000万円)とみられる。

 ドウグラスは今夏に母国で行われたリオデジャネイロ五輪にU-23ブラジル代表の一員として出場。不動の左SBとして全6試合に先発していた。また五輪前の今年5月にはA代表デビューも果たしている。

 ハンブルガーSVには日本代表DF酒井高徳が所属しており、今季のブンデスリーガ開幕戦では右SBとしてフル出場していた。左右どちらのポジションもこなす酒井にとっては、好敵手の加入となる。

最終更新:9月1日(木)11時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]