ここから本文です

スコットランド3部「世界的プレーヤーと契約した」ファーガソンが“選手”で現場復帰?

ゲキサカ 9月1日(木)21時20分配信

 スコットランド3部のクイーンズ・パークは8月30日、クラブ公式ツイッターで「世界的なプレーヤーと契約した」と投稿。そのツイートに添付された写真にユニフォーム姿で映っていたのは、なんと元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏だった。

 クイーンズ・パークは1867年に創設されたスコットランド最古のサッカークラブ。今回のツイートは、来年に150周年を迎えるクラブが新ユニフォームの発表に際し、かつて同クラブでプレーしたファーガソン氏に手伝ってくれるよう依頼して実現したものだったようだ。

 ファーガソン氏は1957年に16歳でクイーンズ・パークとアマチュア契約。1974年の現役引退後は指導者の道に進み、1986年から2013年まで指揮を執ったユナイテッドではプレミアリーグ優勝13回、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)優勝2回など、数多くの栄光をつかんだ。

 今回の試みに対し、ファーガソン氏はクイーンズ・パークの公式ツイッターを通じて「連絡が来てユニフォーム発表の支援を依頼された時、私はとてもうれしかった」と、自身の原点である古巣クラブとの交流を喜んだ。

最終更新:9月2日(金)8時38分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。