ここから本文です

「ボール2つ分入っていた」本田が幻のゴールに言及、追加副審不在に「なぜいないのか」

ゲキサカ 9月1日(木)23時52分配信

[9.1 W杯アジア最終予選 日本1-2UAE 埼玉]

 見えていた。だからこそ納得いかなかった。後半32分、DF酒井宏樹の右クロスをFW本田圭佑が頭で折り返し、FW浅野拓磨が左足ボレー。下がりながらの対応となったGKハリド・エイサは左手で弾き出したが、その前にボールはゴールラインを越えているように見えた。

「真横で見ていたので、入ったのは分かっていた」。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた本田はハリルホジッチ監督に続いて記者会見を行い、レフェリーのジャッジについて言及した。

「ピッチ上では(判定が)覆るかなと思って、(主審に)いろいろ言ったけど、もう覆らないので、どうこう言うつもりはない」。主審を批判するのではなく、建設的な意見として「(ゴール横に立つ)追加副審がなぜいないのか」と述べた。

 ゴールラインぎりぎりの得点の見極めや、PA内のプレーについて正確なレフェリングを行うため欧州サッカー連盟(UEFA)主催試合などで導入されている追加副審は、両ゴールラインのゴール付近に一人ずつ副審を加える制度で、本田がプレーするセリエAでも採用されている。

 記者会見を終え、ミックスゾーンに姿を見せた本田はここでも幻のゴールについて聞かれ、「ゴールでしたね、間違いなく。僕の記憶と目が正しければ、ボール2つ分ぐらい入っていた」と指摘。「すぐに副審を見たけど、知らんぷりだった。なぜ追加副審がいないのか。あの問題があるから、(セリエAなどでは)あそこにいるんでしょ?」と疑問を投げかけた。

最終更新:9月2日(金)5時27分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]