ここから本文です

タイム競わず ツール・ド・玉川、11月20日開催

愛媛新聞ONLINE 9月1日(木)15時3分配信

 今治地方観光協会は自転車で愛媛県今治市の山岳コースに挑む「第3回ツール・ド・玉川」を11月20日に開催する。9月5日午後8時からインターネットで参加を受け付ける。先着600人で10月14日締め切り。
 前回と同じく歌仙の滝や玉川ダム、鈍川渓谷などの名所を通り玉川、大西、菊間、朝倉地区を巡る最大標高差537メートルのヒルクライムコース。発着点を玉川町摺木の玉川総合公園運動場(グリーンピア玉川)に変更し、玉川町鈍川古屋之谷の県道交差点付近の行程を延ばして距離を前回の68.6キロから69.2キロとする。平均斜度は5.2%から5.3%になる。
 タイムは競わない。対象は高校生以上でスポーツ自転車限定。参加費5000円。
 11月19日には国内で活躍するヒルクライマー森本誠、筧五郎両選手がヒルクライム塾(定員35人、大会参加費など含め受講料1万5000円)も開く。森本選手は大会にもゲスト参加する。いずれも申し込みは「スポーツエントリー」のホームページで受け付ける。問い合わせは同協会=電話0898(22)0909。

愛媛新聞社

最終更新:9月1日(木)15時3分

愛媛新聞ONLINE

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。