ここから本文です

南ア最大の債券運用会社、複数の大手国営企業に対する融資を停止

Bloomberg 9月1日(木)0時58分配信

南アフリカ共和国で最大の民間債券運用会社が同国の国営企業大手6社に対する融資を停止する。同社はこれら企業の運営方法の問題や政府の内紛、財務省の独立性に対する脅威を融資停止の理由としている。

フューチャーグロース・アセット・マネジメント(運用資産約1700億ランド=約1兆1900億円)は30日、国営企業3社に18億ランド超を融資する計画を棚上げにした。同社のアンドルー・キャンター最高投資責任者(CIO)が31日に電話で明らかにした。詳細については言及しなかった。フューチャーグロースは当該企業の適切な管理機能およびガバナンスが回復したと判断した場合に限り、融資の提供や既存債務のロールオーバーを再開するという。

対象となる国営企業は電力会社エスコム・ホールディングス、鉄道港湾運営会社トランスネット、南アフリカ国家道路公社、南アフリカ土地農業開発銀行、南アフリカ産業開発公社、南部アフリカ開発銀行。今回の決定が同国政府および水道当局や地方自治体など他の国営機関への融資に直ちに影響することはない。

原題:S. Africa’s Biggest Debt Manager Halts Loans to State Firms (1)(抜粋)

Michael Cohen

最終更新:9月1日(木)0時58分

Bloomberg