ここから本文です

NY金:続落、月間ベースでも下落-米利上げ見通しで投資妙味が低下

Bloomberg 9月1日(木)5時10分配信

31日のニューヨーク金先物相場は続落。5月以来で初めて月間ベースで下落した。年内の米利上げ観測が強まりつつあることや、金連動型ファンドを通じた買いの減速が背景。

ハイ・リッジ・フューチャーズ(シカゴ)の金属取引担当ディレクタ ー、デービッド・メーガー氏は電話インタビューで、「9月との見方はかなり少ないが、米利上げへの警戒が続いている」と指摘。「12月に利上げの可能性があるとの見方が、金利上昇に影響を受ける市場全般に警戒をもたらしている。金は明らかにこうした資産の一つだ」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.4%安の1オンス=1311.40ドルで終了。月間では今年に入って2度目の下落。

銀先物12月限は前日比0.2%高の18.707ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムは値下がりした。

原題:Gold Posts Monthly Drop as Fed Rate Outlook Damps Its Appeal(抜粋)

Joe Deaux, Eddie Van Der Walt

最終更新:9月1日(木)5時10分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]