ここから本文です

中国:8月の製造業PMI、予想外に上昇-14年以来の高水準

Bloomberg 9月1日(木)10時31分配信

中国の製造業活動を測る政府の指数は8月に予想外の上昇となり、約2年ぶりの高水準を記録した。中国経済の安定化が続いており、7月の低下が国内の洪水によるもので一時的だったことが示唆された。

国家統計局が1日発表した8月の製造業購買担当者指数(PMI)は50.4と、7月の49.9から上昇。ブルームバーグのエコノミスト調査の予想中央値は49.8だった。同時に発表された8月の非製造業PMIは53.5。7月は53.9だった。PMIは50を上回ると活動の拡大を表す。

一方、財新伝媒とマークイット・エコノミクスが発表した8月の製造業PMIは50と、7月の50.6から低下。市場予想の中央値(50.1)を下回った。

中国南東部を襲った洪水で生産が中断していた。8月の持ち直しを受け、当局が国有企業改革や、石炭・鉄鋼業界などの過剰生産能力削減の推進に向けて猶予が生まれる形となった。為替市場ではオフショア人民元とオーストラリア・ドルが上昇。中国はオーストラリアにとって原材料の輸出先であるため、豪ドルは中国経済の状態を反映するとみられている。

IHSマークイットのアジア太平洋担当チーフエコノミスト、ラジブ・ビスワス氏(シンガポール在勤)は「鉄鋼生産など一部の主要セクターで大規模なリストラや生産能力削減が実施されていることを考えると、指数の改善は明るい材料だ」と指摘した。

JPモルガン・チェースの中国担当チーフエコノミスト、朱海斌氏(香港在勤)は「この良好な状態が持続可能かどうか見極めるのは難しい」と話した。

原題:China’s Factory Gauge Unexpectedly Rises to Highest Since 2014(抜粋)

3段落目以降に詳細やコメントを追加して更新します.

Xiaoqing Pi

最終更新:9月1日(木)12時16分

Bloomberg