ここから本文です

テスラのマスク氏、公募増資前にソーラーシティーCEOと統合協議

Bloomberg 9月1日(木)12時23分配信

米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がいとこでソーラーシティーCEOのリンドン・ライブ氏に両社統合を提案したのは2月だった。3カ月後にテスラは約14億ドル(現在のレートで約1440億円)規模の公募増資を実施し、その翌月にソーラーシティーへの買収提案を発表した。

米証券取引委員会(SEC)への8月31日の届け出によると、テスラの取締役会は2月29日に統合案について説明を受けた。ソーラーシティーの会長を務め、筆頭株主でもあるマスク氏がライブ氏と合併について議論したのはその少し前だった。テスラが5月に増資を実施した際、取締役会はソーラーシティー統合の妥当性を検討していたにもかかわらず、そうした案件について株の買い手に知らせていなかったことになる。テスラは届け出の内容以上のコメントは控えている。

テスラ株を保有する労組系年金基金を運用するCtWインベストメント・グループのエグゼクティブディレクター、ディーター・バイゼネッガー氏は、「株主の最大利益のために合併が議論されていないことを懸念しており、こうした透明性の欠如で懸念がさらに深まっている」と指摘。「テスラは増資前に合併の可能性を開示しておくべきだっただろう。そうしなかったために、取締役会レベルで一段の説明責任と独立性がなぜ必要かという厄介な疑問が生じている」と述べた。

原題:Musk Talked Merger With SolarCity CEO Before Sale of Stock (1)(抜粋)

Dana Hull, David Welch

最終更新:9月1日(木)12時23分

Bloomberg