ここから本文です

ガラケーからスマホへの乗り換えで、家族・友人とのコミュニケーションが増加--ヤフー調査

CNET Japan 9月1日(木)14時34分配信

 ヤフーは8月31日、フィーチャーフォンとスマートフォンを利用している、18歳以上の男女3000名に対してインターネット調査を実施。それぞれの利用の違いについて分析した結果を公開した。

 フィーチャーフォンとスマートフォンの利用率は、18~29歳では、フィーチャーフォンが15%、30代が26%、40代が34%と、年齢が上がるにつれて利用率が上昇することがわかった。一方で、50代の58%、60代以上の34%がすでにスマートフォンデビューしており、シニア世代にも着実にスマートフォンが浸透していることがわかる。

 よく利用する機能TOP5では、フィーチャーフォン、スマートフォンともに「通話」「メール」「カメラ撮影」の3つが占めた。その他の機能では、フィーチャーフォンが「アラーム」「電卓」、スマートフォンが「ネット閲覧」「SNS」と、結果が分かれる形になった。

 通話・通信料金では、平均通話・通信料金の差が2945円と、スマートフォンの方が高額だった。ただし、スマートフォンを格安プランで利用する人が増え、その差は縮まっている。

 フィーチャーフォン、スマートフォンそれぞれの利用者に対して満足度を聞いたところ、「メールの打ちやすさ」「文字の読みやすさ」では差が少なく、両者とも半数程度の満足度となった。一方で、「インターネットサイトの見やすさ」の満足度は、スマートフォンはフィーチャーフォンより57ポイント(約7倍)高い67%だった。

 スマートフォンは、大画面のモデルが普及し、視認性に優れているほか、多くの携帯電話用ウェブサイトが、フィーチャーフォンからスマートフォン専用に移行しているのも原因の一つだと推測できる。

 また、「家族や友人・知人とのコミュニケーションの取りやすさ」の満足度も、スマートフォンが17ポイント高い61%となった。幅広い世代において、SNSなどを活用しスマートフォンでコミュニケーションを取っている様子がうかがえる。

最終更新:9月1日(木)14時34分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]