ここから本文です

ソフトバンク、「+Style」に新製品を追加--お掃除ロボットや組み立てドローン

CNET Japan 9月1日(木)17時46分配信

 ソフトバンクは9月1日、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」において、新たに2つの企画と7製品を同日から順次追加すると発表した。

 +Styleでは、製品の段階に応じて「プランニング」「クラウドファンディング」「ショッピング」という3つの機能をもつ。

 「プランニング」では、投稿された製品やアイデアにユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進められる。「クラウドファンディング」では、消費者の声を取り入れながら製品を作り上げていくとともに、インターネット経由で多くのユーザーから事前に商品購入を募って商品化可能。「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集められる。

 今回追加する製品は、プランニングの2製品とクラウドファンディングの3製品、ショッピングの4製品の計9製品。

 プランニングとして登録されたのは、「IoTハウスプラン」と「IoTオフィスプラン」の2製品。

 IoTハウスプランでは、大和ハウス工業が企画する、IoTを使って生活を便利にする「家族と成長する家」において、家族の行動を学習し住めば住むほど快適になる家や、家族の行事や日頃の様子を記録し見守れる家を目指すために、IoTをどのように活用すればよいか幅広く意見を募集する。メーカーと販売は大和ハウス工業。掲載時期は、9月1日。

 IoTオフィスプランは、オリックスが運営するレンタルオフィス「CROSS OFFICE」と+Styleのコラボレーション企画。

 CROSS OFFICEのブースタイプの利用者に、+Styleの製品「COLOR UP」「WAY」「OMNI Bluetooth Card」と、人に負担をかけずに生体情報を測定できる技術「エアリトモ」を活用した「エアリトモIoT座布団」を一週間試験的に無料で貸し出し、体験者の意見を+Styleの「プランニング」に掲載。今後のIoTオフィスの新たな可能性を追求する。メーカーと販売はオリックス。掲載時期は、9月中旬。

 クラウドファンディングとして登録されたのが、「Xrobot MAMORU(エックスロボット マモル)」「bPoint PIN(ビーポイント ピン)」「MOVE LIFE(ムーブライフ)」の3製品。

 Xrobot MAMORUは、高画質カメラを搭載した、遠隔操作できるお掃除ロボット。メーカーはShenzhen Silver Star Intelligent Electronic。販売はリプリ。掲載時期は、9月下旬。

 bPoint PINは、ドアに設置するとドアの開閉が感知できる加速度センサ搭載のBluetoothタグ。メーカーは、reIDEA Technology。販売は、ブイログ。掲載時期は、9月下旬。

 MOVE LIFEは、歩数、歩行距離、消費カロリー、睡眠時間の測定・記録ができるリストバンド型の活動量計。メーカーは、Quanta Computer。販売は、ライテック。掲載時期は、9月1日。

 ショッピングとして登録されたのが、「AMADAS Smart Lever Lock(アマダス スマート レバー ロック)」「ELFⅡ-VRdrone(イエルエフ ツー ヴィアールドローン)」「I'SENSE(アイセンス)V8500VM」「NeuroOn(ニューロン)」の4製品。

 AMADAS Smart Lever Lockは、スマートフォンと連動して、簡単な操作でドアの解錠などができるドアノブ型のスマートデバイス。メーカーは、AMADAS。販売は、JU。掲載時期は、9月下旬。

 ELFII-VRdroneは、カメラを搭載しつつも約91gと軽量な組み立て式ドローン。メーカーは、ElecFreaks Technology。販売は、CYBERBRAIN JAPAN。掲載時期は、9月下旬。

 I'SENSE V8500VMは、ゴミを吸い取りながらモップで乾拭き・水拭きするお掃除ロボット。メーカーは、Fine Robotics。販売は、JU。掲載時期は、9月下旬。

 NeuroOnは、睡眠中の脳波、心拍、体温、体動を計測して睡眠の質を分析するアイマスク型のデバイス。メーカーは、Inteliclinic。販売は、BlueGreenGroup。掲載時期は、9月上旬。

最終更新:9月1日(木)17時46分

CNET Japan