ここから本文です

動く宇多田6年ぶり解禁 朝ドラ楽曲は「オフコース、チューリップをイメージ」

デイリースポーツ 9月2日(金)4時0分配信

 9月28日に8年ぶりにアルバム「Fantome」をリリースするシンガー・ソングライター宇多田ヒカル(33)が2日、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌でアルバムにも収録される「花束を君に」の“本人出演MV”を自身のHPで公開する。

 2010年に休業を宣言した宇多田自身がMVに登場するのは2010年の「Goodbye Happines」以来6年ぶり。歌手活動再開後、初めて“動く宇多田”がお披露目される。

 撮影は8月上旬に都内で行われ、全編がモノクロの世界観で、宇多田が静かに同曲を歌いあげる内容。関係者によれば「楽曲に込めた思いがストレートに伝わるように、一切の装飾を可能な限り削ぎ落とした映像にしよう、というコンセプトで制作した。歌詞にある『涙色』とは無色透明だ、というのが宇多田本人のイメージだったため、あえて色彩のないモノクロ映像を選択した」と説明している。

 同曲のMVはすでに、4月にアニメーション版が公開されているが、アルバム発売タイミングで改めて制作。監督は「Addicted To You」「Wait&See」のMVも手がけた竹石渉氏が務めた。

 宇多田は朝ドラ主題歌について「ドラマが国民的な番組なので、意識的にいつにも増して間口を広げる作詞をしました。オフコースとかチューリップ、エルトン・ジョンの『タイニーダンサー』をイメージして軽やかな感じに“開いてる”曲を目指して」とオフコースらの楽曲をイメージして制作したことを明かし、「いろんな状況で、いろんな人に当てはまるといいな、と思います」とコメントした。

最終更新:9月2日(金)4時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。