ここから本文です

麻雀マンガ「咲-Saki-」実写化プロジェクト始動、映画とドラマを製作

映画ナタリー 9月2日(金)0時0分配信

ヤングガンガンで連載中の麻雀マンガ「咲-Saki-」の実写化プロジェクトが始動。12月に全4話の深夜ドラマが地上波放送され、2017年初頭に映画が公開されることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、本日9月2日発売のヤングガンガンNo.18にて告知されたもの。キャストやスタッフの詳細は後日発表される。

2006年に連載がスタートした小林立による原作は、麻雀に打ち込む女子高生たちの姿を描いたスポ根マンガ。同じ高校の麻雀部に所属する宮永咲と原村和がインターハイの頂点を目指して奮闘する。2009年から3度にわたりテレビアニメ化されている。

最終更新:9月2日(金)0時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。