ここから本文です

(時時刻刻)避難、判断後手に 「準備情報の段階で避難」理解不足 岩手・9人犠牲施設

朝日新聞デジタル 9月2日(金)5時30分配信 (有料記事)

 台風10号の豪雨で、岩手県岩泉町ではグループホームの高齢者9人が犠牲になった。「避難準備情報」の意味が理解されずに避難が後手に回り、町もより強い「避難勧告」を出していなかった。避難計画や訓練の具体的内容は事業者に任せられており、厚生労働省は原因の検証に乗り出した。▼1面参照

 ■一気に増水、職員流される
 台風10号が東北地方に近づいていた8月30日午前9時。グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」のある岩泉町は、町内全域に避難準備情報を出した。高齢者や障害者ら、避難に時間のかかる人たちが避難を始めるべきだとされる段階だ。……本文:4,395文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月2日(金)5時30分

朝日新聞デジタル