ここから本文です

【中国】LCCのピーチ、浦東―関空・羽田線を開設

NNA 9月2日(金)8時30分配信

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは1日、上海の浦東空港と関西空港、羽田空港を結ぶ路線をそれぞれ開設すると発表した。関空―浦東線は11月1日、羽田―浦東線は同2日から、それぞれ週5便で運航する。日本のLCCが上海路線を開設するのは初めて。
 関空―浦東線の往路は火、木、金、土、日の午後10時25分(現地時間、以下同)に関西空港を出発し、翌日の午前0時20分に浦東空港に到着。復路は月、水、金、土、日の午前6時5分に浦東空港を出発、同9時15分に関西空港に到着する。
 羽田―浦東線は往路、復路ともに月、水、金、土、日の運航。往路は午前2時10分に羽田空港を出発し、同5時に浦東空港に到着。復路は午前1時25分に浦東空港を発ち、同4時55分に羽田空港に着く。
 片道の通常運賃は、関空―浦東線が320~2,070元(約5,000~約3万2,000円)、羽田―浦東線が420~2,260元となる。両路線の就航を記念し、特別価格のチケットも販売する。
 両路線の開設で、ピーチの国際線は12路線となる。井上慎一最高経営責任者(CEO)は「中国と日本の人々の交流促進に貢献していけることを願っている」とコメントした。

最終更新:9月2日(金)8時30分

NNA