ここから本文です

長谷部100試合、大島デビュー サッカーW杯最終予選

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月2日(金)7時37分配信

 サッカー日本代表は1日、さいたま市の埼玉スタジアムで2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選B組初戦に臨み、アラブ首長国連邦(UAE)代表に1―2で逆転負けした。6大会連続の本大会出場に向けた大事な初戦を落とした。

 静岡学園高出身の大島僚太選手(川崎)が先発で代表初出場。国際Aマッチ出場100試合目となった長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト、藤枝東高出身)とボランチのコンビを組んだが、勝利に導けなかった。日本は後半9分に勝ち越され、終盤に反撃したが、及ばなかった。

 最終予選は来年9月まで行われる。12チームが2組に分かれてホームアンドアウェー方式で争い、各組2位までが本大会出場権を獲得する。

静岡新聞社

最終更新:9月2日(金)9時1分

@S[アットエス] by 静岡新聞