ここから本文です

ピレリの「強化」タイヤ、導入に反対するチームも

TopNews 9月2日(金)6時55分配信

ピレリは、構造を変更したタイヤを今シーズン中に導入したい意向だが、これをチームが拒否する可能性がある。

昨年のF1ベルギーGPでは突然タイヤが破裂するアクシデントが2回発生した。また、今年の第9戦オーストリアGPでもセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が同様のアクシデントに見舞われている。

今回の変更では、縁石など外部からの衝撃に対する耐久性を増すために、タイヤのサイドウォール(側面)が強化されているという。しかし、シーズン中の変更には全チームの合意が必要だ。

■パフォーマンスに明確な違い■

そのため、プロトタイプのソフトタイヤが第13戦ベルギーGPで全ドライバーに与えられ、初日のフリー走行でテストが行われた。しかし、パフォーマンスに明確な違いがあったという声が聞こえる。

「ソフトというよりミディアムのようだった」とあるドライバーが話していたと『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は伝えている。

フォース・インディアのチーム関係者も、「われわれはこのタイヤに反対する。硬すぎるからだ」と話している。

全チームの合意がなくても、FIA(国際自動車連盟)が安全性を理由に変更を押し通すことは可能だが、その場合、従来のタイヤは安全ではなかったことになる。

プロトタイプのタイヤは、イタリアGP(4日決勝)のフリー走行でもテストされる予定だ。

最終更新:9月2日(金)6時55分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]