ここから本文です

ディバラ:「バルサに行けば4番手のFWになってしまう」 ユヴェントス残留の理由語る

GOAL 9月2日(金)9時31分配信

ユヴェントスFWパウロ・ディバラが、この夏移籍を望まなかった理由を明かしている。

ディバラは昨年夏にパレルモから移籍金3200万ユーロ(約36億6000万円)でユヴェントスに加入した。移籍1年目でリーグ戦34試合出場19得点を記録。その活躍で、バルセロナやレアル・マドリーなど複数クラブの関心を引き付けた。

しかしディバラはビッグクラブの関心をよそに、ユヴェントス残留を決めている。アルゼンチンのラジオ番組『メトロ951』で、その決断についてこのように話した。

「バルセロナの関心は、移籍市場で出回るうわさのひとつだった。どのインタビューでも、僕はユヴェントス残留が正しい選択だと言ってきた」

「今のバルサの攻撃の選手たちはね...。バルサに行っても試合に出るのは難しい。僕は4番手のFWになってしまうだろう。それは望まない。僕にとって良いことじゃない」

GOAL

最終更新:9月2日(金)9時31分

GOAL