ここから本文です

タカトシ「笑いが優先」新バラエティ、芸人がフリップで独自情報プレゼン

お笑いナタリー 9月2日(金)0時0分配信

タカアンドトシがMCを務める「採用!フリップNEWS」が中京テレビで10月4日(火)、日本テレビで10月6日(木)にスタートする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは架空の報道番組「フリップNEWS」のネタ決め会議を舞台に、芸人たちが独自情報をフリップのみで発表していく新番組。タカアンドトシ・トシが番組プロデューサー役で進行する中、ディレクター役のタカアンドトシ・タカとゲストがプレゼンに臨み、最終的にナンバーワン情報に採用されたネタはVTR化される。

番組スタートに先駆け、中京テレビでは10月1日(土)深夜に予告編的な#0が放送され、インパルス板倉、アンタッチャブル柴田、麒麟・川島がゲスト出演。板倉は「マニアックな月刊誌」、柴田は「家でギリ飼えるペット」、川島は「ある意味、間違いではないテストの解答」、タカは「人型の未確認生物」をフリップでプレゼンし、トシも「スケールの大きい北海道の標識と看板」を紹介する。

昨日9月1日に都内スタジオにて#0の収録が行われたあと、タカトシが記者取材会に出席した。トシは「芸人さんが好きなようにやっているので、それぞれの色が出やすい」と各自のフリップ芸に手応えを明かしたが、タカは「皆さんはウケていたけど、僕のプレゼンはあまりウケなかった」と反省しきり。トシに「チームワークで乗り切ったんじゃないですか?」とフォローされても「ああいう笑いの取り方は好きじゃない」と強がってみせ、「プライドだけは高いな!」と叱られていた。

またこの番組の主旨についてタカは「お笑い寄りの番組。芸人さんの話術やボケが観られる。笑いに敏感な若い世代に観てもらいたい」と熱を込めてPR。さらに「今は情報が優先で笑いが二の次、みたいな番組ばかり。この番組は笑いが優先で情報は二の次です!」と持論を展開したものの、「今日は笑いも情報もなかった」と自虐的に話して取材陣の笑いを誘い、トシに「落ち込んでばかりいるんじゃないよ!」とたしなめられていた。

採用!フリップNEWS
中京テレビ 2016年10月1日(土)24:55~25:55
<出演者>
MC:タカアンドトシ
ゲスト:インパルス板倉 / アンタッチャブル柴田 / 麒麟・川島
望月杏夏(中京テレビアナウンサー)
※#0としてオンエア

中京テレビ 2016年10月4日スタート 毎週火曜23:59~
日本テレビ 2016年10月6日スタート 毎週木曜25:59~
<出演者>
MC:タカアンドトシ

最終更新:9月2日(金)0時0分

お笑いナタリー