ここから本文です

NSW、クラウド型の統合認証基盤サービス「NSW-BizIAM」を提供

BCN 9月2日(金)13時27分配信

 日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は9月1日、社内外の業務システムやクラウドサービスで管理する複数のID情報の統合とシングルサインオンを実現するクラウド型統合認証基盤サービス「NSW-BizIAM」の提供を開始した。

 NSW-BizIAMは、エクスジェン・ネットワークス(江川淳一代表取締役)のID統合管理システム「Cloud Identity Manager」とアイピーキューブ(荒井英治代表取締役)のシングルサインオンシステム「CloudLink」、多要素認証システム「AuthWay」の3つのシステムを、NSWのクラウド環境上に構成した統合認証基盤。社内外のID統合を考慮したサービス設計で、豊富なシステム連携機能によって現在使われているアプリケーションやサービス間の連携を図ることができる。また、社内外の連携の場合は、VPNや専用線などのセキュアな回線が利用できる。

 企業向けシステムで多く採用されているID認証連携方式SAML(Security Assert ion Markup Language)をサポートする。これをサポートしていない既存アプリケーションについては、代理認証機能の提供によりアプリケーションに手を加えることなくシングルサインオンを実現する。ハードウェアトークン、ソフトウェアトークン、トークンレスなど多数の認証方式をサポート。従来からの二要素認証に加えて、スマートフォンを利用した二経路認証の提供も可能なためより強固なセキュリティを実現する。価格は、1IDあたり月額300円からで、同社では年間20社への販売を目指す。

最終更新:9月2日(金)13時27分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]