ここから本文です

熊を素手で撃退した63歳空手家 「大山倍達を超えた」

J-CASTニュース 9月2日(金)17時42分配信

 「大山倍達を超えた」「漫画で読んだ話みたい」――。群馬県長野原町の河原で釣りをしていた63歳の男性が、襲いかかってきた熊を素手で撃退したというニュースがネット上で大きな話題を集めている。

 男性は地元で名の知れた空手の高段者。「目があった瞬間に飛びかかってきた」という熊に応戦し、数分間にわたる格闘を繰り広げた。最終的には、熊の右目を指で突いて退散させたという。

■数分の揉みあいの末、指で熊の右目を...

 長野原署によれば、男性が襲われたのは2016年9月1日13時45分頃。長野原町の地蔵川で渓流釣りをしていたところ、5メートルほど離れたところに熊が突然現れた。熊は体長1メートル90センチほどのツキノワグマとみられている。

 熊は男性と目があった瞬間に、立ち上がって飛びかかってきた。男性の頭や腕をかんだり引っかいたりして「攻撃」してきたが、男性も負けじと空手技で応戦。数分間にわたる揉み合いの末、男性は指で熊の右目を突いて撃退したという。男性の身長は約170センチで、格闘した熊より20センチも小さかった。

 熊を撃退した後、男性は自分で車を運転して近くの病院へ。かまれた額や右腕などにけがを負ったが、いずれも軽症で医師からは全治2~3週間と診断されたという。

 TBSのニュースサイト「News i」が2日にウェブ配信したニュース映像では、男性が熊と対決した際の様子を振り返っている。

 男性は「あれ何かいるなと思ってパッと見たら、熊が仁王立ちしていた」と遭遇時の状況を振り返りつつも、「本当に熊のぬいぐるみみたいに耳がまん丸だった」とユーモラスに「対戦相手」の見た目を評していた。

 体感した熊の「強さ」については、「すごい、すごい力」「かすっただけで跳ね飛ばされた」と説明。その上で、

  「これはやられそうだと思って、目を突いた。そうしたらくるりと回って逃げていった」

と笑いながら話していた。

1/2ページ

最終更新:9月2日(金)23時30分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。