ここから本文です

清武に強敵!?セビリアが元仏代表MF獲得

スポーツ報知 9月2日(金)6時6分配信

 欧州主要リーグの移籍期間が8月31日に終了し、最終日の駆け込み移籍が続出した。スペインでは日本代表MF清武弘嗣(26)が所属するセビリアが、元フランス代表MFナスリ(29)を期限付きで獲得。攻撃的なアタッカーで清武のライバルになる可能性もある。

 イングランドのチェルシーは、パリSGからブラジル代表DFダビドルイス(29)を獲得した。契約期間は3年で、英BBCによると移籍金は3400万ポンド(約46億円)。同選手は14年にチェルシーからパリSGに移籍したが、出戻りとなった。プレミアリーグでは今夏の移籍市場における総額が11億6500万ポンド(約1631億円)を記録。過去最高だった昨夏の8億7000万ポンド(約1218億円)を大幅に更新。

最終更新:9月16日(金)17時56分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報