ここから本文です

トム・クルーズ主演“日本発”SF大作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が地上波初登場!

cinemacafe.net 9月2日(金)12時45分配信

9月2日(金)今夜放送の「金曜ロードSHOW!」ではトム・クルーズ主演のSFアクション『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を地上波初放送。先週放送された『オブリビオン』に続いて2週連続でトム・クルーズ主演作がオンエアされる。

【画像】本作での来日イベントの様子(2014年)

本作は2004年に発行された桜坂洋氏の小説が原作。日本の小説がハリウッドで映画化され、それが国内で公開されたため公開当時は“日本逆輸入SF超大作”として大きな注目を集めた。そのため元から“親日家”だったトムだが2014年6月に本作のプロモーションで20回目の来日を果たした際には、自身の発案で大阪~福岡~東京の3大都市を1日で訪問するという弾丸PRツアーを展開したのは記憶に新しい。

“ギタイ”という最強のエイリアンとの戦争が繰り広げられている地球。広告業界出身で実戦経験がない軍の広報担当のケイジ(トム・クルーズ)は、戦場に行けとの命令を拒否したことでブリガム将軍の逆鱗に触れ降格させられた上に戦場の最前線に送られることに。翌日強制的に出撃させられたケイジは初めて着る機動スーツの安全装置の外し方も知らないままあっという間に敵に攻撃され死亡…したはずが、なぜか出撃前日の状態で再び目覚める。

その日から出撃しては死に、再び生き返るという1日を繰りかえすことになったケイジ。そこに“戦場の女神”と呼ばれる無敵の戦士・リタ(エミリー・ブラント)が現れる。実はリタも“ループ”経験者だった…という物語。

監督は『ボーン・アイデンティティー』『Mr.& Mrs. スミス』などのダグ・ライマン。トム演じる同じ日を無限に繰りかえす“時のループ”に巻き込まれたケイジをトレーニングする最強の女性兵士リタを『プラダを着た悪魔』や『アジャストメント』のエミリー・ブラントが演じるほか、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリーらが出演。

日本で人気の“ループもの”をハリウッドがSFアクションとして仕上げた本作。1日を繰りかえすたびに戦い方を覚え、さらに敵の本拠に近づいていくというゲーム的な要素も持ち合わせた個性派SFをぜひ今夜はTVで堪能してほしい。

金曜ロードSHOW!『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は9月2日(金)今夜21時~日本テレビ系で放送。

最終更新:9月2日(金)13時16分

cinemacafe.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。