ここから本文です

東急線用賀駅で「何が起こったんだ」 顔ぶつかっただけで電車のドアガラス大破

J-CASTニュース 9月2日(金)18時34分配信

 2016年9月2日の朝7時48分、東急田園都市線の用賀駅(東京都世田谷区)にさしかかった中央林間発清澄白河行きの準急電車(10両編成)で、信じられないトラブルが起こった。

 停車前の揺れで、5両目に乗っていた客同士が衝突し、男子高校生が顔からドアガラスにつっこむと、ガラスが大破した。高校生は幸い、血が少しにじむ軽傷で、病院に運ばれた。東急電鉄の広報担当者によると、ガラスは「ヒビが入ったというよりしっかり割れた」。現場は一時騒然となり、ツイッターで「おっさんと高校生が車内で喧嘩した」といったデマも流れた。

■電車の揺れで客同士がぶつかり...

  「強化ガラスなので、寄りかかったり、触れたりした程度で割れないんですが...」

  東急の広報担当者はJ-CASTニュースの取材にこう語る。ガラスの割れた車両は13分間用賀駅に停車。駅員が割れた部分を段ボールで補強する「応急処置」を施し、8時1分に出発させた。

 客同士がぶつかったのは、駅の到着直前に車両が揺れたためだ。しかし、担当者によると「混雑状況によって揺れの具合は変わりますが、運転に問題があったわけではありません」という。つまりは、いつもと変わらない状況でドアガラスが「しっかり割れ」、乗客が顔にケガを負った。現場に居合わせた人々は驚き、ツイッターに

  「どういう状況...」
  「どうしてガラスが割れるのか不可解」
  「何が起こったんだ」

と困惑の声を寄せた。また、はじめ「客同士のトラブルがあった」というアナウンスが同駅の構内に流れていたためか(のちに修正)、「おっさんと高校生がガチ喧嘩」「高校生が窓に顔を押し付けられた」といったデマも拡散された。

強化ガラスの「弱点」とは

 東急電鉄の広報担当者が「そう頻繁には割れません」と断言する強化ガラス。客がぶつかっただけで割れる、ということは実際あり得るのだろうか。

 旭硝子(東京都千代田区)の公式サイトによると、強化ガラスは通常の板ガラスに比べ、3.5倍の強度がある。しかし同時に、表面のちぢめようとする力と内部の引っ張る力のバランスがくずれると、全面が一瞬にして割れてしまう弱点も持っているという。今回の事故も、そうした強化ガラスの弱点が「突かれた」ことで起こったのかもしれない。

 実際、国内外を問わず、電車の強化ガラスが粉々に割れるトラブルが報じられていた。05年9月にはJR九州の特急列車「かもめ」「ソニック」で、客席横の窓ガラスが走行中に相次いで破損。また、13年6月には中国の高速鉄道CRH「和諧号」の「超強力防弾ガラス」がハトの衝突でひび割れを起こしている。

最終更新:9月3日(土)16時27分

J-CASTニュース