ここから本文です

台風被害による見合わせ続く 石北本線は10月再開見通し

レスキューナウニュース 9月2日(金)19時0分配信

8月下旬からの一連の台風被害のため、北海道と岩手県の線区に見合わせなどの影響が続いています。岩手県内については山田線の一部をのぞいて、明日3日始発から運転を再開する予定ですが、北海道内については再開のめどが立っていない路線も多く、影響が長期にわたるものと見込まれています。

■被災状況と今後の見通し
<JR北海道>
石北本線(上川~白滝)
 10月中旬に再開する見通し。特急オホーツク号は全列車運休中。
石勝線(新夕張~新得)・根室本線(新得~池田)
 橋梁流失・路盤流出等が多数発生。特急スーパーおおぞら号・スーパーとかち号は全列車運休中。今後、トマム~帯広駅間でバス代行を行う計画。
根室本線(富良野~新得)
 幾寅~新得駅間で土砂流入が複数発生。被害状況調査中。
釧網本線(知床斜里~釧路)
 茅沼~塘路駅間で線路冠水が発生。被害状況調査中。
函館本線(新函館北斗~蘭越)
 500本以上の倒木があり、復旧作業中。明日3日12時頃より長万部~蘭越駅間が再開、18時頃より全線再開予定。
日高本線(苫小牧~鵡川)
 通信ケーブル損傷が発生。また、従来から見合わせている区間でも橋梁流失等が発生。

<JR東日本>
山田線(川内~宮古)
 明日3日始発から茂市~宮古駅間は運転再開予定。
釜石線(遠野~釜石)
 明日3日始発から運転再開予定。

<三陸鉄道>
北リアス線(宮古~普代)
 明日3日始発から運転再開予定。

レスキューナウ

最終更新:9月2日(金)19時0分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。