ここから本文です

<唯月ふうか>9代目ピーターパンが退院 けいこ中に眼窩骨折 11月公演は予定通り出演

まんたんウェブ 9月2日(金)15時36分配信

 9代目ピーターパンとして主演を務めるミュージカル「ピーターパン」のけいこ中に落下し、左目の「眼窩(がんか)底吹き抜け骨折」で入院していた女優の唯月ふうかさんが、1日に退院していたことが2日、明らかになった。所属事務所がファクスで発表した。

【写真特集】川越シェフ、テレビ出演激減の理由は…顔面に16針縫うけが

 ファクスによると、唯月さんは12月に上演される「クロスハート」と、先だって行われる11月の公演「『クロスハート』 Live Version」には予定通り出演するという。

 2日に唯月さんはブログを更新し、「今回は、たくさんご心配をかけてしまい、すみませんでした」とつづり、「ピーターパン」の大阪公演が中止になったことをわびた上で、「たくさんの方々から、励ましのメッセージをいただいて、すごくうれしかったです。皆さんの応援のお陰で乗り越えることができました。今は、無事に手術も終え、昨日退院もして、毎日少しずつ元気になってます。また皆さんにお会いできる日を、楽しみにしています」とメッセージを送っている。

 唯月さんは8月16日午後8時半ごろ、梅田芸術劇場(大阪市北区)のメインホールにおける舞台けいこ中、舞台スタッフの操作により、高さ3メートルの宙づりの位置から逆さまの状態で降下して高さ1メートルの位置で止める予定のところ、操作のミスで落下し、救急車で大阪市内の病院に搬送された。精密検査の結果、「眼窩底吹き抜け骨折」と診断され手術、入院していた。

最終更新:9月2日(金)15時36分

まんたんウェブ