ここから本文です

赤坂で「食いしん坊将軍祭2016」 吉宗公の就位300周年で初開催 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)7時0分配信

 赤坂の飲食店で9月5日から9月19日まで、「食いしん坊将軍祭2016」が開催される。主催は「食いしん坊将軍祭実行委員会」。(赤坂経済新聞)

徳川八代将軍吉宗公をモチーフにした食いしん坊将軍祭メインキャラクター「よしよし」

 赤坂エリアから81店舗の飲食店が参加する同イベント。徳川8代将軍吉宗公の就位300周年を記念して、今年が初めて開催となる。実行員会には赤坂飲食店有志に加え、吉宗公の命によって建設された赤坂氷川神社、吉宗公が藩主を務めた紀州和歌山、赤坂で創業されたホッピービバレッジと、吉宗公と赤坂にゆかりのある組織が参加する。イベントのメインキャラクター「よしよし」は、吉宗公をモチーフに制作した。
 
 同イベント期間中、参加店舗では紀州和歌山の食材を使った店舗独自の期間限定メニューと食いしん坊将軍祭ラベルの赤坂ビールを提供する。

 実行委員会の広報担当者は「本年は吉宗公の就位300周年に加え、宮神輿の新調や、猿の山車の修復が完了する記念すべき年。和歌山、赤坂全域81店舗様とのご縁で実現する大きなイベントになるので、ぜひ赤坂に足を運んでほしい」と来場を呼びかける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月2日(金)7時0分

みんなの経済新聞ネットワーク