ここから本文です

鉄道橋復旧を気象面で支援…ウェザーニューズがベトナムで

レスポンス 9月2日(金)9時15分配信

ウェザーニューズは、今年3月20日に発生したベトナム南部のゲイン橋崩落事故を受けて発足した、ベトナム鉄道総公社の復旧プロジェクトチームによる復旧作業を気象面から支援したと発表した。

[関連写真]

ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市を流れるドンナイ川に架かるゲイン橋に3月20日、航行中だったバージ船とタグボートが衝突し崩落する事故が発生した。ゲイン橋崩落によってベトナム北部のハノイと南部のホーチミンを結ぶ南北鉄道は寸断、終着駅のサイゴン駅への接続ができず、ベトナムの物流や人の移動に大きな影響が出ていた。

乾季のピークであるこの時期、ドンナイ川の流れは非常に早く、船舶の通航量も多いため復旧作業は困難だった。

同社は、ゲイン橋の安全で迅速な復旧作業のため、急きょベトナム国鉄・復旧プロジェクトチームから気象面の支援要請を受け、現地にライブカメラを設置、遠隔地からも常時天候や河川水位、工事の進み具合の確認を可能とするとともに、鉄道橋復旧工事可否判断コンテンツを提供した。

復旧工事の完了は当初、7月半ばと想定されていたが、昼夜問わず安全、効率的に作業が進められた結果、6月24日夜に作業を完了、7月2日には予定よりも半月ほど早く南北鉄道が再開した。

同社とベトナム国鉄は2014年以降、ベトナムにおける鉄道運行における気象リスクについて意見交換を続けてきた。2015年4月には共同で鉄道の安全運行に関するセミナーを開催した。これらの緊密な協力関係のもと、今回、ゲイン橋の復旧作業への支援が実現したとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月2日(金)9時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]