ここから本文です

民進党代表選挙の候補者による共同記者会見(全文1)3候補の政見

THE PAGE 9/2(金) 17:19配信

 民進党は2日、代表選に立候補した候補者による共同記者会見を行った。 代表選は、2日告示で15日に臨時党大会を開催して新しい民進党の代表を決定する。

【中継録画】民進党代表選挙の立候補者による共同記者会見 13時半から

<立候補者>
蓮舫代表代行(48)
前原誠司元外相(54)
玉木雄一郎衆院議員(47)
※届け出順

神本美恵子代表選管委員長からあいさつ

司会:ただ今より、民進党代表選候補者共同記者会見を開催をいたします。私は本日の司会進行を務めます難波奨二でございます。どうかご協力のほどよろしくお願い申し上げます。それでは、最初に神本美恵子代表選管委員長からごあいさつを申し上げます。

神本:はい。報道関係の皆さま、そしてテレビ、インターネット中継等でご覧をいただいている皆さま、私、今回の民進党代表中央選管の委員長を務めます神本美恵子でございます。どうぞよろしくお願いします。今朝10時から11時まで行いました立候補受付の結果、3名の候補者が立候補を届け出ました。届出順に向かって右側から蓮舫候補、前原誠司候補、玉木雄一郎候補の3名でございます。本日、9月2日から党の代表を選出する15日の臨時党大会まで3名の候補者を先頭に党員・サポーターの皆さまをはじめ、国民の皆さまに民進党の政策や目指す社会像をお訴え、議論し、そういう代表選挙を進めていきたいと考えております。ぜひ多くの皆さまに関心を持っていただきたいと思っております。活発な政策論争を通じて新しい、新しい民進党を代表する、そういう選出の選挙にしたいと考えております。それでは、ただ今より民進党代表選候補者共同記者会見を開会いたします。よろしくお願いいたします。

司会:それでは、共同記者会見の進め方についてご説明をいたします。最初に届出順に各候補者から5分ずつ政見を述べていただきます。そのあと共同記者会見として報道機関の皆さまからご質問をいただき、お答えをいただきます。質疑の最後に各候補者からまとめの発言をいただき、候補者そろってのホットセッションで締めくくりたいと思います。それでは、候補者の皆さんからそれぞれ5分以内に政見をお話しいただきます。まず最初に蓮舫候補、お願いいたします。

1/4ページ

最終更新:9/2(金) 17:19

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。