ここから本文です

(けいざい+ 地域発)メガネの鯖江、若者目線 伝統産業、アイデア育て地方創生

朝日新聞デジタル 9月2日(金)7時30分配信 (有料記事)

 全国のメガネ枠生産の9割を占める福井県鯖江市が、ITベンチャー経営者や女子高校生らの力を活用した新たな産業づくりに踏み出している。若者を中心とした住民目線を生かし、行政データを役立てるなどのユニークな取り組みだ。伝統産業にあぐらをかかず、「人材」を地域資源に地方創生を目指している。
 鯖江でIT会社社長をつとめる福野泰介さん(37)は現在、メガネにつける情報端末の開発を企画中だ。観光地情報やバス・列車の運行状況が場所や時間、その人の関心に応じて自動的にレンズ面などに表示されるウェアラブル端末だ。
 「行政データを公開してくれませんか」と福野さんが市に訴えたのは2010年12月。……本文:2,861文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月2日(金)7時30分

朝日新聞デジタル