ここから本文です

映画『怒り』、坂本龍一×2CELLOSによる主題曲MV公開

CDジャーナル 9月2日(金)17時45分配信

 2本のチェロで奏でる超絶パフォーマンスで世界を震撼させるクロアチア出身のチェロ・ユニットの2CELLOが、9月17日全国公開の映画『怒り』(李相日監督作品 / 渡辺 謙主演)の主題曲に参加。2CELLOS、坂本龍一の演奏シーンと、初解禁となる本編映像をミックスさせたミュージック・ビデオ「M21-許し forgiveness」(映画『怒り』主題曲)がYouTube(youtu.be/nV4GOGS_Wz0)にて公開されています。

 坂本龍一が作曲し、演奏は坂本と2CELLOSが担当。2CELLOの演奏シーンは今年7月下旬に〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉出演のために来日した際、都内で収録。坂本の録音フッテージは、6月上旬NYのアバター・スタジオで実際のレコーディングの模様を追ったドキュメント映像から抜粋したもの。映画のシーンは、すでに公開されている予告編の映像に本邦初公開の貴重なシーンを加えたもので、ストーリーの流れに沿って坂本と2CELLOSの演奏シーンがインサートされ、映画の世界観が凝縮された濃厚な映像作品となっています。なお、この楽曲は本編では4分以上にわたりエンドロールで流されますが、今回のMVでは坂本自ら3分のショート・ヴァージョンに編集しています。

最終更新:9月2日(金)17時45分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。