ここから本文です

9月2日の台湾株式市場

中央社フォーカス台湾 9月2日(金)15時34分配信

(台北 2日 中央社)2日の加権指数は、始値が9015.63、高値が9038.48、安値が8958.81、終値は前日比13.60ポイント安の8987.55。売買代金は785億台湾元だった。非金融保険株加権指数は前日比19.23ポイント安の7643.56。

騰落数は値上がりが1876銘柄で、値下がりが3450銘柄、変わらずが397銘柄だった。

売買高上位10銘柄は2317、2409、2603、2353、3481、00632R、00637L、2609、2349、2448。

売買代金上位10銘柄は2317、2330、3008、2412、2409、2603、2881、2454、2474、2353。

時価総額上位10銘柄は2330、2317、2412、6505、1301、2882、3008、1326、1303、2881。

海外投資家は4億700万元の買い越し、投資信託は200万元の買い越し。一方、ディーラー(自己勘定売買)は4億8300万元の売り越し、ディーラー(ヘッジ)は56億7200万元の売り越しとなった。

最終更新:9月2日(金)15時34分

中央社フォーカス台湾

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。