ここから本文です

公開講座や実験教室ほかもりだくさん「国立大学フェスタ2016」10・11月

リセマム 9月2日(金)17時15分配信

 国立大学協会は、10月と11月の2か月間「国立大学フェスタ2016」を開催する。この期間、全国の国立大学でシンポジウムやオープンキャンパス、公開講座、市民講座など合計609件のイベントが行われる。会場は全国の国立大学。対象は子どもから大人までで、基本的に参加費は無料だが、公開講座など一部有料のものもある。

国立大学協会

 さまざまな大学改革が進む現在では、国立大学の果たしている役割がますます注目されている。「国立大学フェスタ」は、国立大学や大学共同利用機関が行う教育研究活動や国立大学の果たす役割を広く知ってもらうため、2010年度から開始されているイベントだ。

 10月1日~11月30日の期間中は、各国立大学などが地域と連携しながら、さまざまなイベントが開催される。施設開放、所蔵する文化財の公開、研究の成果を市民にわかりやすく伝える講演会、子どもたちが気軽に参加できる出前科学実験教室、音楽コンサート、ホームカミングデー、公開講座など盛りだくさんな内容となっている。

 事前申込みが必要となるが、10月24日には、一橋大学の一橋講堂にて「日本の教育改革における国立大学の役割」と題した「第15回大学改革シンポジウム」が開かれ、これから大学を目指す者へのメッセージが語られる。

 イベントや会場など、詳細は国立大学協会のWebサイトにある「国立大学フェスタ2016」紹介ページで確認できる。事前予約が必要なイベントもあるため、事前に確認しておきたい。

◆国立大学フェスタ2016
開催期間:10月1日(土)~11月30日(水)
会場:全国の国立大学
参加費:基本的に無料だが、一部有料のものもある
対象:子どもから大人まで

《リセマム 池野サキ》

最終更新:9月2日(金)17時15分

リセマム