ここから本文です

2週連続優勝なるか!?石川遼が3打差3位 首位はケネディ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月2日(金)18時5分配信

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 2日目◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7524yd(パー71)

きょうも大量アップ!「フジサンケイクラシック」大会フォトギャラ利

大会2日目に7バーディ、1ボギーの「65」をマークして通算7アンダーの単独首位に浮上したのはブラッド・ケネディ(オーストラリア)。前週も終始優勝争いに絡みながら2位となったツアー2勝のケネディが、今週も好調をキープしている。

ケネディから2打差となる通算5アンダーの2位にはチョ・ミンギュ(韓国)。通算4アンダーの3位にパク・ジェーブン(韓国)と石川遼がつけている。

初日に2打差の2位につけた前週優勝の石川は、この日は5バーディ、4ボギーの「70」でラウンド。後半アウトにスコアを伸ばせなかったが、首位とは3打差で自身初の2週連続優勝に向け大会を折り返した。

通算3アンダーの5位にスンス・ハン(米国)と2番(パー3)でホールインワンを決めたムン・キョンジュン(韓国)が続いた。

米ツアーを主戦場とする岩田寛は、14番でイーグルを奪うなど「68」とスコアを伸ばして、通算1アンダー。ディフェンディングチャンピオンのキム・キョンテ(韓国)らと並ぶ10位につけている。

なお、この日1つ伸ばして通算3アンダーで終えたキム・スンヒョグ(韓国)が、ゴルフ規則6-6 d「スコアの誤記」に抵触し失格となった。

【主な上位成績】
1/-7/B.ケネディ
2/-5/チョ・ミンギュ
3T/-4/J.B.パク、石川遼
5T/-3/S.ハン、文景俊
7T/-2/藤本佳則、小田孔明、M.ヘンドリー

最終更新:9月5日(月)12時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。