ここから本文です

安倍マリオ、リオ演出の12億円 追及は「尻すぼみ」の気配

J-CASTニュース 9月2日(金)20時1分配信

 安倍晋三首相がマリオに扮したリオ五輪の閉会式演出が12億円もかかったと報じられ、話題になっている。果たして、高いのか、割に合うのか――。

 緑の巨大な土管から「安倍マリオ」が現れるサプライズ演出は、ネット上で話題となり、海外のマリオファンらの注目も集めた。

■日本人ダンサー50人の人件費や機材輸送費など

 安倍首相の目立ち方に比べ、着物姿で五輪旗を振った小池百合子東京都知事が脇役に見えたとの声も一部で出ていた。

 共同通信の2016年8月26日付記事によると、この約8分間の演出にかかる費用が9月のリオパランピックでの閉会式演出と合わせて約12億円となる見通しになった。日本人ダンサー約50人も現地入りしており、長距離の移動になる人件費や機材の輸送費などで膨らんだためだという。この費用は、東京五輪の大会組織委員会と都とで負担することになっているが、割合は未定だ。

 これに対し、民進党では、9月の臨時国会に向けた対策チームを8月30日に立ち上げ、閉会式の費用について調査する方針だと、テレビ朝日系ANNニュースがこの日に伝えた。今後は、演出の担当者からヒアリングを行う予定だともいい、9月に決まる新執行部がその結果をもとに政府追及の態勢を整えるとされた。

 安倍マリオは、東京五輪組織委の森喜朗会長がアイデアを出したとも報じられている。真相は分からないが、敵対するとされる小池知事にスポットライトが当たらないようにしたとの憶測もあった。

 このため、今後、組織委が都の負担も求めている12億円についても、9月1日に小池知事が設置した都政改革本部などを通じてメスを入れるのではないかとの見方もある。

 だが、小池知事は9月2日の定例会見でも、改革本部で五輪施設の費用チェックをすることは明らかにしたが、今回の12億円についての言及はなかった。

小池支援の若狭氏「金かけるところはかけてよい」

 東京都の行政改革課では、J-CASTニュースの9月2日の取材に対し、都政改革本部の当面の調査対象は東京五輪の施設関係に絞っており、現時点でリオ閉会式の12億円にまで触れていないと答えた。

 7月の知事選で小池百合子氏を支援した若狭勝衆院議員は、9月1日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」への出演で、閉会式演出について「すごい良いイベント」だとしながらも、「かなり高い金額だと聞いています」と指摘した。ただ、小池知事が改革本部で取り上げるかについては、「どうでしょうかね」「ここは多分別枠かなという感じがします」と話した。そして、「金をかけるところは金かけてもよいと思うんですよ。しかし、削れるところは本当に削るという、そういうコンセプトが必要だと思います」と述べた。

 12億円の費用について、ツイッターやネット掲示板では、「金かかりすぎ」との指摘もあるが、「費用対効果で言えば大成功だったと思うんだが」「世界中へ東京五輪への期待を持たせたことを思えば、相応の値段だ」「とても良い引き継ぎセレモニーだったぞ」と肯定的に受け止める声の方が多かった。民進党の12億円追及の動きについても、「足を引っ張るのか」と批判的な声が相次いだ。

 民進党の国会対策委員会は、12億円について政府に資料請求をしたことは認めたものの、「担当者にヒアリングするかまだ判断しておらず、政府を追及する話にはなっていません」と取材に答えた。批判があって追及を止めたわけではないといい、今後については新執行部が判断するとしている。

最終更新:9月2日(金)20時1分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。