ここから本文です

M!LK佐野勇斗、TBS連ドラ「砂の塔」で菅野美穂の息子役

音楽ナタリー 9月2日(金)6時0分配信

M!LKの佐野勇斗が、10月にスタートするTBS系の連続ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」に出演することが発表された。

「砂の塔~知りすぎた隣人」は、憧れのタワーマンションに引っ越してきた平凡な主婦・高野亜紀が隣人・佐々木弓子との出会いをきっかけに次第に追い詰められていくさまを描いたサスペンス作品。主人公の亜紀を菅野美穂が、弓子を松嶋菜々子が演じるほか、亜紀の幼馴染で亜紀の娘が通う体操教室のコーチ・生方航平役を岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が担当することがすでに発表されている。

佐野が連ドラに出演するのは今回が初めて。彼は亜紀の長男・高野和樹を演じる。和樹は高校1年生で、亜紀の手伝いを進んでしたり、妹の面倒を見たりと心優しい性格である反面、周囲と打ち解けづらい一面も持っているという役柄。ドラマ出演が決まったときの心境について、佐野は「正直嬉しさよりも先に不安でいっぱいでした。いつもテレビで見ているみなさんと、一つの作品を作り上げられるなんて、夢のようです」とコメント。「日本中の方に、この作品の面白さが伝わるよう、精一杯、自分のできることを全力で行っていきたいと思います!! まだまだ未熟な僕ですが、是非注目して頂けると嬉しいです!!」と意気込みをみせた。彼がどんな演技で作品を彩るか、ファンは放送を楽しみにしておこう。

佐野勇斗(M!LK)コメント
僕が演じる和樹は、お母さんや妹想いの、すごく優しい男の子という印象を受けたのですが、ストーリーを読み進めていくうちに、だんだんと和樹の「闇」の部分が明らかになっていきます。和樹の明るい部分と闇の部分を細かく、繊細に演じていきたいと思います。

頂いた台本を読めば読むほど、「砂の塔」の世界観にのまれていって、次々と頭の中で映像が出来上がっていくようなそんな感覚でした。
日本中の方に、この作品の面白さが伝わるよう、精一杯、自分のできることを全力で行っていきたいと思います!! まだまだ未熟な僕ですが、是非注目して頂けると嬉しいです!!

最終更新:9月2日(金)6時0分

音楽ナタリー