ここから本文です

【オーストラリア】CBD~パラマタで鉄道計画 NSW政府、第2空港への延長も

NNA 9月2日(金)8時30分配信

 オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州政府は1日までに、シドニー中央ビジネス区(CBD)とパラマタを結ぶ新鉄道路線の計画を発表した。シドニー西部とCBD間での利用客拡大に対応するもの。将来的には、パラマタからシドニー第2空港が建設されるバジェリーズクリークへの路線延長も検討されている。
 シドニー・モーニング・ヘラルドによれば、新鉄道計画は来年に発表予定のNSW州交通局マスタープラン(基本計画)に含まれる見込みだという。計画の詳細は今後、連邦政府とNSW州政府が数カ月以内にシドニー第2空港に関するスコーピング調査の結果を発表する際、合わせて明らかにされる予定だ。
 NSW州政府は新鉄道路線により、ブラックタウン~CBD路線の混雑緩和を目指している。また、同州政府は新鉄道路線により、ITハブ化を目指すホワイトベイ発電所跡地の開発も刺激したい考え。NSW州政府は、同跡地の開発で米グーグルの参加を求めて交渉しており、実現には駅の設置が必須だと考えている。新路線はまた、将来的にシドニー第2空港のほか、CBDからシドニー南部マルーブラへの延長も計画されている。
 また、公共交通機関の重複を避けるため、パラマタからオリンピック公園を経由してストラスフィールドへ至る軽鉄道(ライトレール)計画が縮小する可能性もあるという。
 CBDから西部方面に伸びる鉄道路線は、2001年からNSW州政府によって検討されてきた。

最終更新:9月2日(金)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。