ここから本文です

(いちからわかる!)トリエンナーレって、どんな催しなの?

朝日新聞デジタル 9月2日(金)11時30分配信 (有料記事)

 ■3年に1度の国際芸術祭。各地で盛んで地域振興(しんこう)に期待
 コブク郎 愛知(あいち)県で10月下旬まで「あいちトリエンナーレ」が開かれているね。トリエンナーレって?
 A 3年に1度開かれる国際芸術祭のこと。イタリア語で「3年ごと」を意味する。2年に1度は「ビエンナーレ」。最古の国際芸術祭は1895年からイタリアで続く有名なベネチア・ビエンナーレだ。日本では2000年前後から各地で開かれるようになった。
 コ 国内ではどこで開催(かいさい)されているのかな?
 A 1999年に福岡(ふくおか)アジア美術トリエンナーレ、翌年には新潟(にいがた)県で「大地の芸術祭 越後妻有(えちごつまり)アートトリエンナーレ」が始まった。……本文:1,704文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月2日(金)11時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。