ここから本文です

吉田羊主演「コールドケース」、新たに仲里依紗&門脇麦&村上虹郎ら総勢45名が解禁!

cinemacafe.net 9月2日(金)14時30分配信

世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版である「コールドケース~真実の扉~」。ついに放送が来月へと迫ってきた本作だが、この度各話のエピソードを飾るゲストの豪華俳優陣が発表された。

【画像】吉田羊

2003年から2010年まで、全7シーズンにわたってアメリカ・CBSで放送されていた刑事ドラマシリーズが原作の本ドラマ。オリジナル版ではフィラデルフィアが舞台だったが、本作では舞台を神奈川に移し、主人公の刑事とそのチームのメンバーが毎話異なる未解決事件の真相をたどり、事件を解決していくストーリーとなっている。

主演の吉田羊が捜査一課の警部・石川百合役を演じるほか、捜査一課のメンバーに永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和ら豪華メンバーが集結。また、準レギュラーキャストとして宮沢和史、藤澤恵麻、平田薫ら追加キャストも出演する。

そして今回、新たに各話に登場するゲストに、「仮面ライダーフォーゼ」の吉沢亮、『高校デビュー』の大野いと、映画にドラマ、舞台、CMと多方面活躍する仲里依紗、「踊る大捜査」シリーズやバラエティ番組でも活躍するユースケ・サンタマリア、現在放送中のドラマ「仰げば尊し」に出演中の村上虹郎、『愛の渦』『二重生活』の門脇麦、そして名優・仲代達矢、江波杏子(登場順)と、いま注目を集める若手俳優から日本を代表する実力派俳優まで多彩な顔触れのキャストが発表。

精神が不安定ながらも、1人の女性に魅了されていく順一という役どころの吉沢さんは、「難しい役どころでしたが、監督と話し合いながら役を作っていく撮影はとても楽しかったです。また、先輩方のお芝居がとても刺激的で、学ばせて頂くことが多い充実した現場でした」とふり返り、6歳の子どもを持つ母親役を演じた仲さんは「少し不安がありましたが、自分なりに演じることができました。辛い過去がある役だったので演じていて苦しい時もありましたが、娘役の安藤結埜ちゃんの明るさに助けられました」とコメント。

本作の監督波多野貴文とは今回が2回目だという門脇さんは「またご一緒出来ることがまず何より嬉しく幸せでした。回想シーンで登場する役ということもあり、断片的に描かれた役をどう消化して埋めていくか不安もありましたが、衣装、ヘアメイク、セットにも助けられながら、台本と現場の空気と世界観にひたすら身を委ね続けた濃密な時間でした」と語った。また、ユースケさんは「とても奇妙で、異常な体験をしました。ものすごく楽しかったです!(視聴者の皆様へ)なるべく僕のことを嫌いにならないで下さい…」とどんな役どころなのか気になるコメントを残した。

またそのほか、田口トモロヲ、吹越満、渋川清彦、筒井道隆、野間口徹、中村倫也、健太郎、福士誠治、酒井美紀、MEGUMI、中村ゆり、菜葉菜、徳永えり、須藤理彩、奥菜恵ら総勢45名の参加も発表されている。吉田さんを始めとする神奈川県警・捜査一課のメンバーとゲストたちがどのように関わっていくのか、放送が楽しみだ。

連続ドラマW「コールドケース ~真実の扉~」は10月22日(土)22時~WOWOWにて放送開始(第1話無料放送)。

最終更新:9月2日(金)14時30分

cinemacafe.net