ここから本文です

ジエゴ・コスタ、アンフェアな扱いや批判に不満「レアル・マドリーやバルセロナでプレーしていたら…」

GOAL 9月2日(金)17時18分配信

スペイン代表FWジエゴ・コスタは、スペイン国外でプレーしていることでアンフェアな扱いを受けていると感じている。

D・コスタは2014年からスペイン代表でプレーしているものの、クラブで見せているようなパフォーマンスを示すことができていない。メディアから批判を受けることも少なくないため、本人は不満をためているようだ。1日に行われた国際親善試合のベルギー戦後、ミックスゾーンで反論している。

「僕に対する批判は正しいよ。代表で何も成し遂げていないしね」と前置きしつつ、「僕がレアル・マドリーやバルセロナでプレーしていたら、『彼はよくやっている』と言われていただろう。悪いプレーをして、多くのゴールを挙げてないとしてもね」と語り、所属クラブによって扱いが異なることへ対して不満を示した。

ただし、代表チームでのプレーを嫌っているわけではなく、「批判を受けてもスペイン代表が最も僕にマッチしていると思うし、幸せなんだ」と、赤いユニフォームをまとってプレーする喜びを口にしている。

GOAL

最終更新:9月2日(金)17時18分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]