ここから本文です

【速報】ブイキューブ、クムジャパンの経営に参画

BCN 9月2日(金)16時59分配信

【速報】ブイキューブ、クムジャパンの経営に参画

登壇した、(左から)クムジャパンの小山田代表取締役、ブイキューブ間下社長、米QumuのVern CEO

 ブイキューブ(間下直晃代表取締役社長兼CEO)は9月2日に記者会見を開き、米Qumu Corporation(Qumu)と日本ならびにアジア太平洋地域のエンタープライズ向けビデオコンテンツマネジメント分野において、戦略的パートナー提携を行うと発表した。この提携によって、ブイキューブは、日本法人となるクムジャパン(小山田佳裕代表取締役)の経営に参画する。同時に日本を中心としたアジアで、Qumuのビデオコンテンツマネジメントソリューションの提供も開始する。

 Qumuは、米国ナスダックに上場する、エンタープライズ向けビデオコンテンツマネジメント分野で高い評価と実績を持つ企業。このQumuの得意分野と、ブイキューブが強みを持つ双方向性の高いビジュアルコミュニケーション分野の融合を見据え、今回の提携に至った。

 今後、クムジャパンは販売、ソリューション開発、導入支援やサポートの強化などをブイキューブのビジネス基盤を活用して共同で行う。また、ブイキューブは日本とアジア各国で自社ソリューションとあわせて、Qumuのソリューションも展開していく。

 会見の冒頭ではQumuのVern Hanzlik(ヴァーン・ハンズリック)President and CEOと、クムジャパンの小山田代表取締役が登壇。ガートナーのレポートで2013年から3年連続で業界のリーダーに位置づけられているという同社のポジションや、手がける商材、事例の紹介などについて語った。

 続いてブイキューブの間下社長が、「当社には『V-CUBEビデオ』という、同一カテゴリに属する製品もあるが、案件がきても断っていたような状況にあった。ニーズが拡大しつつある分野だが、自社でビジュアルコミュニケーション関連製品のすべてを拡充していくことはとても間に合わず、投資も回収もできない。世界ナンバー1であるQumuのエンタープライズ向け配信プラットフォームと、当社の強みである『リアルタイムでの双方向性』を生かした展開が可能になり、ビジュアルコミュニケーションのポートフォリオをまた1つ増やすことができた」と、Qumuとの提携の経緯を語った。

 また、間下社長は「アジアでの引き合いも多く、いい滑り出しができている。すでにシンガポールでは受注があり、いいシナジーが出ている」と強調。米国の会社であり欧米に強いQumu製品をブイキューブがアジアで展開することのメリットを語りつつ、「今後も自社の強みが生きる部分は徹底的に自社開発し、そうでないものはいいソリューションを取り込みたい」と、ブイキューブの方向性を語った。

最終更新:9月2日(金)16時59分

BCN