ここから本文です

遼効果キターッ!? ギャラリー数が前年比150%に増加

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月2日(金)18時31分配信

米国ツアーを離脱中の石川遼が、4年ぶりに出場している富士桜カントリー倶楽部(山梨県)で開催中の国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」。2日目を終えて通算4アンダーの3位タイと首位争いを続け、2009年、10年に続く大会3勝目、自身初の2週連続優勝に向けて好位置で決勝ラウンドに進出した。

【画像集】2週連続Vへ!石川遼のフォトギャラリー

これも石川効果なのか。今大会のギャラリー数を前年と比較すると、今年は初日に506人増の1529人、2日目も658人増の1918人が来場。予選2日間の計3437人は前年比150%となり、石川が最後に出場した12年大会以降で最多の動員数となっている。

決勝ラウンドは最終日に雨予報が出ているが、石川の首位争いが続けばさらなる動員が期待できそうな勢いだ。

なお、大入りとなった12年大会は初日に1903人、2日目に2004人が入り、予選2日間で計3907人を記録。松山英樹が優勝した13年大会は、初日に880人、2日目に2008人の計2888人だった。

最終更新:9月2日(金)19時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]