ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「木葉下」

ITmedia LifeStyle 9月2日(金)6時10分配信

 所在地は茨城県水戸市。なんとこれ、「あぼっけ」と読むんです。全く予想できない読み方の木葉下。由来を見ていきましょう。

【木葉下はここ】

 木葉下の由来はアイヌ語の「o-pok(崖の下)」からきていると地元民の中でいわれているようです。木葉下町は標高150mくらいの上位部分が侵食されて複雑な谷を多く形成したとみられる崖地帯で、そのことからこの名がついたといわれています。

※初出時に所在地に誤りがありました。おわびして訂正いたします(9/2 10:00)

 2006年の映画「日本沈没」にて、日本が沈没した場合、最後まで残ったのがこの木葉下だったことでも有名です。

 恐竜のオブジェがあることで人気の水戸市森林公園があり、動物と触れ合ったり、遊具で遊んだりと、子供達に人気の公園です。

最終更新:9月2日(金)10時4分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]