ここから本文です

<速報>B・ケネディが単独首位浮上 石川遼は3位Tで決勝ラウンドへ

ゴルフ情報ALBA.Net 9月2日(金)17時51分配信

<フジサンケイクラシック 2日目◇2日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

石川遼の初日のプレーをフォトギャラリーでプレイバック!

 山梨県にある富士桜CCで開催中の国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」2日目。全ての選手がホールアウトし、この日“65”でラウンドしたブラッド・ケネディ(オーストラリア)が単独首位に浮上した。
 

 1アンダー・8位タイからスタートしたケネディは前半からバーディを先行し、初日にボギーを叩いた難関・5番ホールをしっかりとパーセーブ。7アンダー・1ボギーの7アンダーで接戦を抜け出した。

 上位は5アンダー・2位のチョ・ミンギュ(韓国)、4アンダー・3位タイのJ・B・パク(韓国)など、外国勢が“制圧”する形に。4アンダー・3位タイの石川遼や、この日“66”の猛チャージを見せた池田勇太ら日本勢の巻き返しに期待がかかる。

 池田と共に今大会が国内ツアー復帰第2戦となる片山晋呉は、6オーバー・78位タイと力を発揮することができず、無念の予選落ちとなった。

 
【初日の順位】
1位:ブラッド・ケネディ(-7)
2位:チョ・ミンギュ(-5)
3位T:石川遼(-4)
3位T:J・B・パク(-4)
5位T:ムン・ギョンジュン(-3)
5位T:ハン・スンス(-3)

10位T:池田勇太(-1)
10位T:岩田寛(-1)
10位T:キム・キョンテ(-1)他
78位T:片山晋呉(+6)他

(撮影:赤澤亮丈)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月2日(金)17時51分

ゴルフ情報ALBA.Net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。