ここから本文です

日産 タイタン、史上初のシングルキャブ…荷台が拡大

レスポンス 9月2日(金)11時15分配信

日産自動車の米国法人、北米日産は新型『タイタン』および『タイタンXD』の2017年モデルに、タイタン史上初のシングルキャブを設定すると発表した。

画像:日産 タイタン のシングルキャブ

タイタンは、日産の北米市場におけるフルサイズトラック。2015年1月、2世代目へのモデルチェンジを機に、車名を『タイタンXD』に改めた。2016年2月、シカゴモーターショー16では、新型タイタンを追加。最大積載量を0.5トンに抑えたタイタンXDの派生車種で、この0.5トン仕様が、初代と同じタイタンを名乗る。

新型タイタンは、タイタンXDに対して、全長とホイールベースを短縮。タイタンXDは全長6167mm、ホイールベース3850mm。これに対して、新型タイタンは、全長5794mm、ホイールベース3550mm。全長は373mm、ホイールベースは300mm短い。

今回、北米日産は新型タイタンおよびタイタンXDの2017年モデルに、タイタン史上初のシングルキャブを設定。既存の2列シート「クルーキャブ」に対して、シングルキャブは1列シート。その分、荷台の長さは約2438mmと、クルーキャブと比較すると、タイタンでは約762mm、タイタンXDでは約457mm長い。

パワートレインは、5.6リットルV型8気筒ガソリンが基本。最大出力390hp、最大トルク55.5kgmを引き出す。トランスミッションは7速AT。タイタンではV6ガソリン、タイタンXDではカミンズ製V8ターボディーゼルも選択できる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9月2日(金)11時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]