ここから本文です

リオの年、五輪菩薩に勝負事祈願 島田・川根町

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月2日(金)9時9分配信

 島田市川根町抜里の五輪菩薩(ぼさつ)公園で1日、例大祭が開かれた。地元住民が詰め掛け、勝負事に御利益があるとされる五輪菩薩像に商売繁盛や受験合格などを祈願した。参拝は1年中可能で、ことしはリオデジャネイロ五輪の年であることから、関係者は「とくに御利益が期待できるのでは。多くの人に来てほしい」と呼び掛ける。

 地元の萬福寺住職による読経が終わると、参拝客は次々と手を合わせた。訪れた人々は地元の川根茶や酒を手に、会話を弾ませた。

 抜里町内会の中村収会長は「4年後に控える東京五輪に向けて、五輪菩薩を一層PRしたい」と話す。

 五輪菩薩堂はその昔、土地の境界線に対する役所の判決を誤解して自害した村の財産家と、財産家に間違った報告をしたことを悔やんで自害した使者の供養のために建立されたといわれる。

静岡新聞社

最終更新:9月2日(金)9時9分

@S[アットエス] by 静岡新聞