ここから本文です

『ArcheAge』3年分のノスタルジーを追い求めたらTシャツが完成した【全員プレゼントあり】

ファミ通.com 9月2日(金)12時2分配信

文・取材:編集部 ミス・ユースケ

●3年分のノスタルジーを感じたい
 ゲームオンが運営するPC用MMORPG『ArcheAge』が2016年7月23日に正式サービス3周年を迎えた。めでたい。

 『ArcheAge』は僕も初期からちょくちょく関わってきたタイトルなので、感慨深いものがある。そんな折、ゲームオンサイドから「ノスタルジーを呼び起こすような企画をやってもらえませんか?」と持ちかけられた。ほほう。ノスタルジーとな。

 『ArcheAge』は生活系MMORPGと呼ばれるタイプのゲームだ。ストーリーもしっかり用意されているものの、わき道に逸れてからが本番である。むしろ、わき道のほうが太いし数も多い。ノスタルジーの種類も人それぞれだろう。

 そこで、『ArcheAge』のGMや関係者に簡単なアンケートを実施し、印象に残っていることを教えてもらうことにした。「あー、わかるわかるー」みたいな気分に浸っていただけたら幸いである。

 記事のラストには特別な称号のプレゼントも用意している。すごく長いけど、気合を入れて最後まで読んでほしい。

●心に残る大型アップデートを聞いたら企画が根幹から崩れそうに
 アンケートには12人の『ArcheAge』関係者に協力してもらった。現役GM陣だけでなく、人事異動で別タイトル担当になった人からもアンケートを回収。ありがたいことである。

 アンケート内容ではだいたいこんなことを質問した。

(1)プレイスタイル
(2)『ArcheAge』内でハマっていること
(3)好きなアバターや景色など、『ArcheAge』で好きなものを教えてください
(4)印象深いアップデートは何ですか?(その理由も)
(5)ArcheAgeを運営(もしくはプレイ)してきた中で、印象に残っていることを教えてください

 メインで聞きたいのは(4)と(5)。ほかの質問はその人の性格などを知るために用意した。それでは(4)の“印象に残っているアップデート”から見てみよう。

<<アンケート結果>>
ノアルタの建国 (2016年4月27日) ★★★
エアナード   (2014年4月24日) ★★★
饗宴の園    (2015年12月16日)★★
3rd Anniversary (2016年7月23日) ★
ブリキの風   (2015年3月25日) ★
躍動の協奏曲  (2013年12月19日)★
オープンサービス(2013年7月11日) ★

 いちばん票を集めたのは“ノアルタの建国”と“エアナード”だった。“エアナード”はともかく、記事テーマはノスタルジーだというのに、かなり直近の“ノアルタの建国”が人気。

 4ヵ月前のことを懐かしがるって、どれだけ生き急いでいるのだ。セミか。いきなり企画が根幹から揺さぶられるほどのピンチが訪れたが、強い気持ちで書き進めたい。

●新たな勢力が誕生したアップデート“ノアルタの建国”
 “ノアルタの建国”はその名の通り“国家の樹立”をテーマにしたアップデートだ。プレイヤー自身が国王となり、東大陸・西大陸・海賊に続く4つ目の勢力を立ち上げることができる。独立宣言を読み上げた日こそが新たな建国記念日。赤飯を炊いてお祝いしよう!

<<<GM陣のコメント>>>

【[GM]Aranzebia】
『ArcheAge』運営チームに加わって初めて経験した大型アップデートということもあり、アップデート準備に追われながら、領地の発展が可能になり、国家という新しい勢力が生まれることでゲームにどのような変化をもたらしていくのだろうかと、とても気になりました。

【[GM]Orchidna】
初めて顔出ししたのが、ノアルタの建国の先行体験会だからです。まだまだ殻の取れない顔出し1年生ですが、今後もわかりやすい情報をお届けできるように努力していきます。

【[GM]Haje】
途中でチームから異動となったため、全部に関われなかったのですが、最後の仕事として印象が強く残っています。

 [GM]Aranzebiaさんはニコ生番組“ゼビアのわくわく冒険記”に音声で出演している新人GM。初めて仕事として関わった大型アップデートがノアルタの建国か。重みがすごい。野球選手としての初仕事が逆転がかかった代打みたいなものだ(※)。そりゃ忘れられないだろう。

(※[GM]Aranzebiaさんと違って僕はおっさんなので、たいていの物事を野球でたとえる)

 初めての大仕事か。僕は初めてひとりでインタビューしたのがNTTドコモの技術系の偉い人だった。気の利いたことを聞けなかった無力感が甦る。ああ。

 さて、気を取り直して。[GM]Orchidnaさんの理由も[GM]Aranzebiaさんと少し似ていて、こちらは“初めてプレイヤーの前に顔を出したから”。プレイヤーに顔を認識されたことで身が引き締まり、責任をよりいっそう強く感じるようになったに違いない。

 [GM]Hajeさんは実装を待たずして異動になり、心残りだったため“ノアルタの建国”をピックアップ。悔しさと切なさと心残りと。誰かこの心境を歌にしておくれよ。

●月額からアイテム課金へ“エアナード”
 “ノアルタの建国”と同率1位だったのが“エアナード”。月額1750円だった本作が、このアップデートを機に基本プレイ無料になった。

 そもそものアイテム流通量や価値が大きく変わるため、大幅なバランス調整を実施。貿易の仕様が見直され、製作レシピもガラリと変化した。2回目の正式サービス開始日みたいなものである。

 それ以上に大きく変化したのはプレイヤーの動向だろう。一般的に、月額タイプのゲームは“新規プレイヤーは増えにくいが、離脱者が少ない”という傾向がある。基本無料タイプの場合はその逆で、“新規プレイヤーは増えやすいが、離脱率が高い”。運営の仕組みや意識そのものを変える必要があったはずだ。

 エアナードを挙げた人は石元P、[GM]Eannaさん、[GM]Kyriosさん。3人とも運営の初期メンバーだ。長く関わっている人ほど、エアナードで生じた変化に大きく翻弄されたんだと思う。

<<<GM陣のコメント>>>

【石元P([GM]Lucius)】
よくも悪くも大きな改変で、GMとして伝えるということがいかに大事で難しいかを痛感したアップデートでした。

【[GM]Eanna】
経済活動の根本が変わったため、お客様がたいへん困っていたことをいまでも覚えています。でも、いまのほうがリアルな経済状況となったので、おもしろいですよ。

【[GM]Kyrios】
定額制からアイテム課金制のゲームになったことでゲーム設計が大きく変更され、いい意味でも悪い意味でも反響の大きいアップデートでした。月額時代は敬遠していたけど、これをきっかけに始めたという方も多かったですね。

 “よくも悪くも”というのがポイントだろうか。3人とも似たようなことを言っている。ある日を境に物資や貨幣の価値が変化し、ゲーム内経済は大きなうねりを伴うようになった。リアルで起きたらリーマンショックどころの騒ぎじゃない。世界恐慌として社会の教科書に載るやつだ。

 こういう改革も「たいへんだったね」と言えるから、MMORPGってすばらしいですね(適当なことを言いました)。

●でかい歌姫がインパクト大“饗宴の園”
 ふたりから挙がったのが“饗宴の園”。PvPコンテンツ“真グラディエーター”や“貿易船サルベージ”などのシステムが実装されたが、やはり目玉はボスキャラクター“アリア”だろう。

 アリアは『ArcheAge』の世界に突如として現れたベアトップ&ミニスカワンピースの歌姫だ。キャラクターボイスは声優・久保ユリカさんが担当し、戦闘中はBGMとして歌が流れるのだから、そうとう気合を入れて作られたはず。

 アリアは最大5人で戦うことを想定したボスキャラクターということもあって、でかいのだ。世間には巨大な女子が好きな人もいるので(そういう嗜好の人をジャイアンテスと言う)、そっち方面へのアピールもばっちりだな、と思った。

<<<GM陣のコメント>>>

【[GM]Melisara】
あんな歌って踊れるアイドルがあんなことやそんなこと・・・。
(これまでの『ArcheAge』とは)まったく路線が異なるものが来たため、「本当に大丈夫なのか?」と不安でしたが、上手くまとまってて逆にびっくりしました。

【[GM]Tahyang】
アリアでかっ! って思いました。
あ、シカコさん(※)かわいいです。
(※久保ユリカさんの愛称)

 GMふたりもアリアのことしか言ってない。それだけインパクトがあったということか。饗宴の園自体は古代中国のイメージのマップだが、完全にアイドル方面に振ったことで、よりインパクトが強まっている。一応言っておくと、もうひとりの女子ボスの白蛇娘もかわいいと思う。

●印象深いアップデートいろいろ
 続いて、1票ずつ入ったものを新しいものから見ていく。

■3rd Anniversary
 3ヵ月前から『ArcheAge』運営チームに加わった[GM]Kyprosaさんは“3rd Anniversary”を挙げた。プレイを始めたのがGMに就任してからということなので、これからじっくりと思い出を作ってほしい。

【[GM]Kyprosa】
節目ということもあり、思い出話に花が咲いているゲーム内外の環境がとても好きです。


■ブリキの風
 『ArcheAge』の世界には車や戦車、船、トラクターなど、多数の乗りものが存在し、スケボーもそのひとつ。スケボーを使うおもなメリットは“トリックをキメると気持ちいい”や“乗りこなすとかっこいい”など。実用品とは少し違う。趣味のアイテムがある(しかもけっこうレア)のも『ArcheAge』のいいところである。

【[GM]Nui】
意外とスケボーの操作が難しくてゲーム内で転倒事故が多発しました。
メンテナンス終了直後、製作材料で必要なアイテム“落雷した木”の価格が高騰したのを覚えています。

 スケボーには僕も思い出がある。小規模なオフラインイベントを見学に行ったら、石元Pがいきなり「今度これ入れます」とか言ってスケボーの情報を公開したのだ。新情報を出すときはメディアを呼ぶのが一般的だが、このときはまったく聞いていなくて、たしか僕以外のメディアはいなかった。できれば新情報を出すかどうかくらいは事前に教えてください。

■躍動の協奏曲
 [GM]Hajeさんはノアルタの建国のほかに“躍動の協奏曲”も挙げてくれた。このアップデートで“作曲機能”が実装され、楽器と譜面があれば演奏できるようになったのだ。オリジナル譜面も作成可能なので、ストリートミュージシャンとして生きていくことも可能。『ArcheAge』でなら「音楽で食っていこうと思うんだ」と胸を張って言えるぞ。

■オープンサービス
 初代日本運営プロデューサーの野田真央氏は“オープンサービス”がいちばん印象に残っているという。その理由は「生活系MMORPGを多くのプレイヤーの皆様にプレイしてもらう準備が整ったから」。

 “ゲームの中でもうひとつの生活を送る”のはMMORPGの理想形だ。ゲーム内で自由に生き、遊びかたすらプレイヤー自身が決める。ゲーマーの夢である。

 だが、生活系MMORPGは開発・運営するのがすごく難しい。管理するデータ量は膨大だし、何でもできるようにシステムを設計するのは至難の業。1997年に登場した『ウルティマオンライン』を初め、完成度の高い生活系MMORPGはあるが、3年前の時点ですでに長くサービスされていたものばかりだった。

 “生活系MMORPGの新作”という言葉が多くのMMORPGファンにわくわくをもたらしたのは間違いない。

●『ArcheAge』で心に残っていること
 今度はアップデート類に限らず、心に残っていること全般に注目してみよう。GM陣の人となりが想像できるように、ふだんの遊びかたについても併記する。プレイヤーとしての視点も合わせれば、グッとくるエピソードが出てくるはずだ。みんな美少女だと思い込んで読むと微笑ましいのでおすすめである。


【[GM]Aranzebia】

◆ArcheAge歴
約7ヵ月

◆メインキャラ
エルフ女性・アコライト

◆プレイスタイル
強い装備と華麗なコンボでバッタバッタと敵を倒すアコライト・・・を夢見る農民プレイ

◆『ArcheAge』内でハマっていること
男性キャラクターのキャラメイクで好みのフェイスを作ること

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
「フェピー(顔以外)」
初めて出会ったとき、もさもさした動きと後ろ姿にキュン! としたのですが、顔をまじまじと見たら…目が……歯が……。ヤタと同じように見慣れてくると可愛く見えてくるのでしょうか(涙)。

◆印象に残っていることを教えてください
 プライベートで“カボチャカカシ”を手に入れるときのことです。
 ひとり小さな船で広大な海に漕ぎ出すだけでもかなり勇気がいりましたが、海のド真ん中で海賊の方々遭遇してしまい、正直に言えばかなりビビっていました。
 しかし、船に乗り込まれたものの攻撃される訳でもなく、ひたすら帆をたたまれ続けるという謎の悪戯。ついには目的地到着前に船を壊されて海に投げ出され、死を覚悟しましたが、なぜか「ごめんね」と謝られ、ぞろぞろとどこかへ去って行かれました。パニックのあまり私が挙動不審な動きをしていたのでしょう・……。
 びっくりしましたが、ちょっとほっこりしたいい思い出になりました。

【[GM]Eanna】

◆ArcheAge歴
むかーしからいます。

◆メインキャラ
ハリハラン女性・職業はひみつ

◆プレイスタイル
戦闘よりも、生産よりも鉱石堀りが好きです。
みなさんのチャットを見ながら無心になって鉱石を掘っていると、すべてを忘れていい気分転換になります。

◆『ArcheAge』内でハマっていること
採掘して集めた鉱石をオークションで流すこと。
相場の先を見ながら売り抜けたときは気持ちいいです。

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
好きな景色はロングビーチのサンゴ礁に浮かぶ豪華クルーザー!
船上ホール利用券を購入すると、クルーザーがなんと式場に変化します。
ここで結婚式を挙げて、『ArcheAge』の世界を旅行してみたいです。
近くに温泉もありますし(笑)。

◆印象に残っていることを教えてください
 セキュリティについてですが、いまでは皆様がPmangアプリやワンタイムキーの登録を行うなど、気を付けていただいているのでほとんどありませんが、まだまだ油断はできません。
 ほかのゲームでもワンタイムキーや2重認証はぜひ登録してください!

【[GM]Gene】
2016年6月度より運営チームを卒業(異動)となりました。

◆ArcheAge歴
クローズドβテスト~現在

◆メインキャラ
ハリハラン・職業は不特定
西勢力は…デバッグ以外では使ったことないです! 東一筋。

◆プレイスタイル
貿易農民。
PvPは苦手ですが、アビスレイドは好きですね。

◆『ArcheAge』内でハマっていること
皆様のUCCや作曲を影からこっそり見たり聞いたりすること。
ゲーム内のトレンドを調査するために勢力チャットを眺めること。

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
好きなアバターはヤタ系! GM活動中もずっと着ていました。
マハデビ~オーステラ間の高台からグライダーで滑空する景色が好きですね。何回見ても飽きないです。
あとは夜の外洋で夜空を眺めることでしょうか、あの赤い月の正体が知りたい!!

◆印象に残っていることを教えてください
 第1回アーキラリーイベントです。周りのGMも本気モードとなり、最終戦が審判判定で次週の再戦までもつれ込みました。誰かがひたすら「勝った!勝った!」と連呼していたなぁ。裏方を含め運営チーム全員を巻き込んでのGMイベントは、いい思い出です。

【[GM]Haje】
2016年6月度より運営チームを卒業(異動)となりました。

◆ArcheAge歴
およそ2年

◆メインキャラ
ハリハラン女性・死神

◆プレイスタイル
幅広くいろいろチャレンジする

◆『ArcheAge』内でハマっていること
秘境を見つけること
作曲

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
<好きな風景>
・エズナにある「エズナの秘密庭園」のベンチから見える島がハートの形をしている。おすすめデートスポット
・デュープレイン
※ほかにも秘境っぽいところは一杯あるので散策していただきたいです。

◆印象に残っていることを教えてください
→GMアーキラリー(他GMへのコースアドバイスなど裏方を担当したため、直接参加はしていないですが、皆一体となって盛り上がれたと感じています)

→夏休みの宿題はいろいろ好き勝手やらせて頂きました。
ただ、ひとりで木を1000本植えたり、家畜を1000体置くのは大変でした。

【[GM]Kyprosa】

◆ArcheAge歴
3ヵ月になります。

◆メインキャラ
ひみつ

◆プレイスタイル
労働力に捕らわれないガブ飲み

◆『ArcheAge』内でハマっていること
時間はとてもかかりますが作曲大好きです。
自分のオリジナル楽曲で演奏会を開くのがいつかの目標。

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
ブルーファー城の旅人服ですかね。キャラ的にも。

◆印象に残っていることを教えてください
 初めて参加したアビスレイドでの海戦における初砲撃の瞬間がとても緊張して印象深く覚えています。右も左もわからない中、振り落とされ泳いで必死に船に戻った必死さが強く思い出に残りました(笑)。
 そんな経験を経てArcheAgeの世界に魅了されました。

【[GM]Kyrios】

◆ArcheAge歴
4年生

◆メインキャラ
ハリハラン男性・アサシン
チャームポイントは戦争と破壊の神キリオスをイメージした化粧。

◆プレイスタイル
一獲千金を夢見る大博打スタイル。
ランダム要素が入ったコンテンツをとくに好む。トレジャーハントは最大のロマン。
(リアルはギャンブラーではないです)

◆『ArcheAge』内でハマっていること
トレジャーハント、釣り、天から人間観察(いつも見ていますよ!)

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
西はロングビーチの砂浜やサンゴ礁、東はマハデビのアストラ洞窟の景色が好きです。
とくにアストラ洞窟は初めて見る人は感動すると思います。
ほかに、ヤタ含めて動物全般が好きです。観賞用に育てて、囲まれてるだけで和みます。

◆印象に残っていることを教えてください
 全長約120センチの超巨大ヤタヌイグルミを自作したことがいちばん印象深いです。

 2014年4月当時、ニコニコ超会議で「何かサプライズ的にやりたいね」と話していました。ニコニコでは“○○してみた”というフレーズがよく使われるので、だったら「『ArcheAge』でできることを現実世界でやる」という発想が生まれ、“超会議”なので超をつけられる何か……という連想から、超巨大ヤタヌイグルミの案が生まれました。

 とはいえ、裁縫なんて中学生以来やってないし、材料は? 作り方は? と、わからないことが多すぎて何から手をつけようかという状態でした。本番まであと2週間あまり……。

 幸いヌイグルミの展開図だけはありました。展開図を拡大して、必要な生地の量を計算して、綿の量を予測して(6キロ使いました)……。材料費を割り出してルシPに相談したら「OK」の即答。やるしかない流れになったのでネットでヌイグルミの作りかたを調べて、その週末に材料を買いに行きました。あと5日……。

 当時はエアナードアップデートや無料化を控えていました。ふだんより忙しい時期なわけですから、いま考えると無茶苦茶な話だったと思います(笑)。残り日数も5日しか残されておらず、しかも水曜まではアップデート準備で手が空かない。実際に作り始めたのは木曜日。ニコニコ超会議の前日でした……。

 当初は手縫いを考えていたのですが、圧倒的な時間不足を補うため同僚からミシンを借りて、社内の一室で黙々と作り始めました(細かいトラブルは省きます)。時間と闘い続けて何とか金曜の朝に完成させることができました。おかげでリアル裁縫熟練度はそうとう上がりました(笑)。

 それから時を経て2年後。2016年5月3日のPmang感謝祭で、抽選の特賞景品として超巨大ヤタヌイグルミが出されることになって、それをゲットしたお客さんがいらっしゃったんです。紆余曲折を経て、当選者のもとへ送り出すこととなりました。

【石元P([GM]Lucius)】

◆ArcheAge歴
3年4ヵ月くらい

◆メインキャラ
おもに使ってきたのは、アコライト、シャドウブレイド、狩人
種族や性別はひみつ(GMキャラはヌイアン男性)

◆プレイスタイル
PvPメイン
貿易商人(おもにノアルタ貿易船)

◆『ArcheAge』内でハマっていること
モンスター捕獲金策
ダイナミック納品(貿易船で)

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
ソルズリード半島の朝日
※『ArcheAge』がサービス開始する前に初めて見たとき感動しました。

◆印象に残っていることを教えてください
 サンドボックス型のMMOに携わるのは、この『ArcheAge』が初めてでした。GM専用のコマンドでできることがいろいろありまして、オブジェクトを好きな位置に設置できる機能を見つけたときに、勢いでアスレチックイベントを実施しました。
 やれることの幅は大きいけど、使いこなすのが難しかったり単純なコスト(人力)が高いイベントだったなと……。

 PvPオフイベで自分が対戦するときに、実況をプレイヤーの方が変わってやってくれたこと。こういうところでも助けてもらってるなぁと実感しました。

【[GM]Melisara】

◆ArcheAge歴
1年半
(GMになる前のオープンβテストのいちプレイヤー時点から計算すると3年)

◆メインキャラ
ヌイアン女性・シャドウブレイド

◆プレイスタイル
ひたすら牧畜。動物かわいいです。

◆『ArcheAge』内でハマっていること
ヤタブリーダー(黒ヤタ、シャムヤタは生まれました!)

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
(1)ブルーファー城の旅人服はとてもおススメです!
(2)東大陸のクエストのグライダーを獲得するクエストで、鉄鉱山の頂上からグライダーで滑空するあの爽快感をぜひ味わってほしいです。そしていろいろな場所を巡ってほしいです。

◆印象に残っていることを教えてください
 プライベートで始めたころ、カボチャカカシクエストでトボトボとロバで貿易していたら、後ろからトラクターに乗った方がやってきて乗せてってもらいました。
 後日、たまたま加入した遠征隊にその人がいて運命的なものを感じましたね。
 いまでもその方は最前線で活躍されております。

【[GM]Nui】

◆ArcheAge歴
無料化からなので約2年

◆メインキャラ
ヌイアン男性・シャドウウォーカー

◆プレイスタイル
集団戦で後ろからチクチク攻撃し、危なくなったらすぐ逃げる。

◆『ArcheAge』内でハマっていること
夢の欠片で石像製作

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
騎乗ペット・タレの小刻みな横移動が可愛くて好きです。

◆印象に残っていることを教えてください
 夏のGMイベントでプレイヤーさんとキュウリを植えながらエズナからマリアノープルまで大行進したのは、とてもシュールな光景で印象深い思い出となっています。また、GMで練習した花火の打ち上げを綺麗だったと皆様からお言葉をいただき、当時GM1年目の私にとって、とても励みになりました。

【[GM]Orchidna】

◆ArcheAge歴
気がつけば2年経っていました。

◆メインキャラ
アークメイジ女性・種族はひみつ

◆プレイスタイル
デイリーこなしと自宅の庭いじりする毎日な農民。
戦争はたまーに行ったりします。

◆『ArcheAge』内でハマっていること
他人の家めぐり、乗りもの作り(自動車やトラクター・サブマーシブル)

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
(1)ヤタの着ぐるみアバター。あの可愛い顔で猛烈な勢いで殴り掛かってきたり、いろいろ着ぐるみらしからぬ動きをできるところがすごくシュールで好きです。
 ほかに、ブルーファー城の旅人服、焔竜のローブアバターも(最初イマイチと思ってましたが、着てみるとカッコいいことに気が付きました。全国の焔竜ファンの皆さんすいませんでした)。

(2)『ArcheAge』をプレイしてもっとも最初に感動したのはタイガースパインからマハデビに抜けたときの景色の変わり具合でした。始めたばかりの頃は、街から街へ移動するときの景色の変わり具合に感動していましたね。

◆印象に残っていることを教えてください
 プライベートでプレイし始めた頃は完全ぼっちプレイだったんですが、勇気を出して遠征隊に入れてもらってからは遊べるコンテンツが増えて、プレイ感覚が180度変わりました。レベルカンストまで図書館通いに付き合ってくれたり、みんなで貿易したり、ひとりでは倒せないレイドボスに挑戦したりと、遠征隊の人といっしょに遊ぶことで、このゲームによりいっそうの愛着が持てるようになりました。

 また、GMとしてプレイヤーイベントに顔を出すこともあります。イベント内容は独創的なものが多く、見ていて飽きません。できれば全部行きたいんですが時間と都合が合わないことも多々あったり……。

 それと、ときたま行われる演奏会も芸術センスの高い人たちが多く、制限の多い音源の中でこれだけ豊かな曲がつくれるのかと、とても感動しながら聞いてます。

【[GM]Tahyang】

◆ArcheAge歴
約1年

◆メインキャラ
フェレ男性・生命の楽士

◆プレイスタイル
ハウジングが好きです。
戦闘に疲れたときにレイアウトを変えて気分を変えたりと、ちょくちょく弄ってました。

◆『ArcheAge』内でハマっていること
ドライブですね。
GMイベントのレースが終わっても、いろんなところを走ってました。

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
フェレのクエスト消化中、グライダーを初めて使用して滑空中に見える景色が最高!
と、思ったのも束の間、時間切れで落ちて即死というオチ。

◆印象に残っていることを教えてください
 開始から1時間くらい微動だにせず、その後深夜に社に戻ってイベント開始をし、つぎの日にダンボールを被りながら“笑ってい○とも”に一瞬だけ映った24時間配信ですかね。配信内で初めてたこ焼きを焼きましたけど、まあまあうまくできました!

 あとは、GMレースも印象的ですね。個人的には普通に走ってもつまらないと思っていたので、日々ショートカットができるところを探しながら、練習をしてました。

【[GM]のだまお】

◆ArcheAge歴
2013年1月~2014年3月に日本運営プロデューサーを担当

◆メインキャラ
エルフ男性・職業はいろいろ

◆プレイスタイル
つねにダンシング(ダサかっこいい)

◆『ArcheAge』内でハマっていること
つねにダンシング(ダサかっこいい)

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
船舶の召喚シーンとやはりグライダーでの滑降です。

◆印象に残っていることを教えてください
 オープンサービス中の2013年7月15日に実施したオフラインイベント“進水式”です。正式サービスのスタート日とプレイ料金の発表を行いました。
 300名を超える方にお集まりいただいた瞬間、涙が出そうになるほど感動しました。同時にこれが、『ArcheAge』に対するプレイヤーの皆様の大きな期待だと身が引き締まる思いをしたことを今でも強烈に覚えています。

 人生いろいろ悲喜こもごも。いろいろな思い出が出てきて満足である。あまり人前に出ないGMさんの人柄もいい感じに見えてきたと思う。突然[GM]Eannaさんが豹変してセキュリティー喚起してきたのは驚いたが、GMとしては正しい発言だ。


 あと[GM]Kyriosさん、コメント長すぎ。

●ついでに『ArcheAge』関係者以外にも話を聞く
 『ArcheAge』では2013年8月から11月にかけて“移住計画”という企画を実施していた。オーディションで選ばれた人がゲームオン提供の1ルームマンションに住み込み、配信やブログ執筆をしながら『ArcheAge』に没頭するというもの。

 移住者には“もるちゃん”というプレイヤーが選ばれた。彼はPC用オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』(以下、AVA)の強豪プレイヤー。日本代表として国際大会に出場した経験もある。FPSだけでなくゲーム全般が好きで、プライベートでも頻繁に配信を行っている人ということもあり、『ArcheAge』移住計画とは相性がすごくよかった。

 個人的にはこの手の企画はなあなあで終わることも多いと思っている。最初のうちはやる気があるけど、徐々にブログの更新頻度とクオリティーが落ちていくとか、そういうパターン。

 だが、もるちゃんは違った。約3ヵ月で60回以上もブログを更新し、内容もおもしろい。『ArcheAge』内で生活し、冒険し、ときには配信の視聴者との掛け合いもネタにしている。『ArcheAge』ではこんなにおもしろい出来事が起きるのか、と感心するし興味も湧く。

 そこで、もるちゃんにも『ArcheAge』の思い出を聞いてみた。もるちゃんは3ヵ月間で『ArcheAge』の自由度の高さと農業のおもしろさに驚いたという。

【もるちゃん】

◆当時のプレイスタイル
いままでMMORPGでの対人戦経験が少なかったせいか、キャラを強くすることと内政事(ギルド強化や装備強化)を重視していました。
誘われて対人戦の大会に出たら非常に楽しかったのを覚えています。

◆『ArcheAge』で好きなものを教えてください
絶景ポイントとして有名だった・・・なんでしたっけ・・・名前が出てきません・・・。
ギルドハウス後ろのいちばん高い山。あの山頂からの眺めが印象的です。
あの山からグライダー to ダイブデッドの個人イベントを催したところ、プレイヤーさんも配信も非常に盛り上がり、いい思い出として残っています。

◆印象に残っていることを教えてください
何を置いてもギルドの仲間との日々がいちばんの思い出です。
移住計画の最終日。
運営さんと24時間配信を行いましたが、最後にギルドメンバーがお別れ会を盛大に用意してくれていました。
配信上ですので「まじか~(笑)びっくりしたわ~(笑)」とおどけていましたが、実際ちょっと泣きそうでした・・・(;x;)

 もるちゃんきっかけで『ArcheAge』を始めた『AVA』プレイヤーも多いと聞く。こんな声もあった。

「サービス開始直後に『AVA』プレイヤーもるちゃんの配信を見て、自分もプレイを開始しました。移住計画が始まり、『ArcheAge』プレイヤーとして、『AVA』運営としても楽しませていただきました」

 『AVA』日本運営プロデューサーの井上洋一郎氏である。上の写真はいっしょにもるちゃんの誕生日を祝いに行ったときのものだ。おもむろに『AVA』ポスターを貼って配信視聴者に自分の担当タイトルを宣伝し始めたので、奔放だなと思った。

 井上氏はいまでも『ArcheAge』が少し気になっているようで、配信番組をこまめにチェックしている。石元Pは「(社内の人に見られてると思うと)すっごいやりにくいんですよ」と言っていた。

 なお、僕のいちばんの思い出は、移住計画のオーディション番組に白塗りで出演した人(一応、名前は伏せる)にオフラインイベントで会ったとき、「テックウィンずっと買ってました」と言われたこと。僕の社会人としての編集者人生はテックウィン編集部から始まったのだ。

 後日、彼はTwitterに「影響を受けた人に会えてうれしかった」みたいなことを書いていた。僕に影響されて白塗りしたのだとしたら、ご家族には申し訳ないことをしたと思っている。

●思い出をTシャツにして手元に残す
 いい思い出を聞かせてもらった。思い出はやはり形として残すべきだろう。思い出を手元に置いておけば、GM陣はいま以上に『ArcheAge』を好きになるはずだ。『ArcheAge』を愛する人が運営する『ArcheAge』は、もっとファンから愛されるゲームに育っていくに違いない。

 記事制作に協力してもらったお礼として、オリジナルのTシャツを作った。『ArcheAge』には“UCC(User Created Contents)”というシステムがあり、好きな画像を特定のアイテムやTシャツなどに貼り付けられる。

 Tシャツは[GM]Kyrios、[GM]Orchidna、石元Pの思い出をもとに作った。なぜこの3人を選んだかというと、ネタに付き合ってくれそうだからだ。

 [GM]Kyriosさんはヤタぬいぐるみ、[GM]Orchidnaさんはノアルタの建国体験会の写真を使用。石元Pは取材で撮影することが多く、写真をたくさん持っているので、なかでも晴れ姿っぽいやつを選んだ。

 石元Pはよく鎧を着る。右下の写真はわりとプレイヤーから反響があり、僕が記事で“覇気のない運営プロデューサーオブザイヤー”とキャプションをつけて公開したところ、「写真の選びかたに悪意を感じる」とコメントがあったそうだ。

 いかがだっただろうか。『ArcheAge』は数多くの苦難を乗り越えて、それ以上の喜びを得て運営されてきたことが伝われば幸いである。Tシャツのくだりが必要だったかどうかはわからない。

 当初は「歴代のプロモーションムービーとかプレイムービーを再編集して、みんなで応援上映やって、喜びや思い出を分かち合いましょう」と提案したのだが、大人の事情が重なったので諦めることにした。残念。

 最後に。石元氏がヒップホップで食っていくというのはうそなので、みなさん安心してください。

<<<ファミ通.com特別称号の受け取りページにアクセス>>>
↑このリンクから特設ページにアクセスすると、ファミ通.com読者用の特別な称号を入手できます。

最終更新:9月2日(金)12時2分

ファミ通.com