ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】バトンは引退するマッサの後任にはならない?

TopNews 9月2日(金)21時49分配信

マクラーレンのジェンソン・バトンの去就が注目される中、フェリペ・マッサが引退を発表し、ウィリアムズのシートが空くことが明らかとなった。

●【動画】1990年F1イタリアGP、ブラバム・ジャッドのステファノ・モデナのオンボードカメラ映像

マクラーレンは、2017年はバトンに代えて若手の控えドライバー、ストフェル・バンドーンを起用すると言われている。

マクラーレン最高権威のロン・デニスは、F1イタリアGP(4日決勝)が行われているモンツァでバトンと将来について話し合うとしている。

「今週末、ロンと話をするのは確かだと思う」とバトンも認めている。

■マッサの引退を知らなかったバトン

バトンについては古巣のウィリアムズに復帰するといううわさもあるが、マッサの引退は寝耳に水だったようだ。

バトンは「そうなるとは知らなかった」と話している。

一方マッサは、すでに2か月前に引退の意思をチームに伝えたと話している。

■バトンは「決断に時間をかけすぎた」

あるチーム関係者は、『Times(タイムズ)』紙に次のように語っている。

「ジェンソンが扉をドンドンたたいていたら、ウィリアムズは彼を歓迎していたかもしれない」

「まさにおあつらえ向きだったし、彼らもジェンソンの復帰を望んだだろう。だが、彼が決断に時間をかけすぎているうちに事態は動いた。彼はもう1年、マクラーレンにとどまりそうだ」

最終更新:9月2日(金)21時49分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]