ここから本文です

(てんでんこ)教訓を未来へ:25 手間

朝日新聞デジタル 9月2日(金)16時0分配信 (有料記事)

 ■「手をかける所作のひとつひとつが思いを伝えることになる」
 宮城県石巻市の津波被災地で今年4月11日、「がんばろう!石巻」の看板が新しく立てられた。震災1カ月後に、津波で流された自宅兼店舗跡に看板を立てた黒沢健一(45)が、古びた看板の「2代目」として、地元の門脇中学の美術部員たちと作り直した。
 黒沢は、津波につかりながらも生き延びた。山の上から見た街は、がれきが水に濡れて光って見えた。「絶望しかない中、家族を捜している人を見たとき、自分にできることを考えて思いついたのが看板だった」。近所の人たちを励ましたいと考えた。……本文:1,822文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月2日(金)16時0分

朝日新聞デジタル