ここから本文です

やはり多かった太陽光「分割案件」、違反防止へ確認体制を強化

スマートジャパン 9月2日(金)7時10分配信

 総務省は2016年8月29日、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度の運営に関する実態調査」に基づき2015年9月経済産業省に勧告した件について、改善施策の内容やその成果をとりまとめた。

 総務省では2015年に「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」(FIT)に関する実態調査を目的に、発電設備の認定状況や系統接続の状況、収支状況および費用負担調整業務の実施状況を調査した。その結果を受け、同年9月にFITを管轄する経済産業省に対して、主に3つの勧告を行った。今回発表した内容は、経済産業省が実施した改善措置のフォローアップを目的としたものである。

やはり多かった「分割案件」

 勧告の1つ目が、禁止されている太陽光発電所の「分割案件」への対応だ。分割案件とは、特段の理由なく発電所を出力50kW(キロワット)未満の低圧に分割して申請を行っているケースのこと。高圧系の発電所の場合、電気主任技術者の選任や、認定後6カ月以内に土地と設備を確保する必要がある。一方、低圧系ではこうした義務や規制はない。そこで本来は高圧系である発電所を意図的に分割し、必要な手続きを逃れたり、意図的に工事を遅らせたりする発電事業者の発生を防ぐため、経済産業省は2014年から分割案件を原則禁止している。

 しかし2015年の総務省の調査で、2014年5~11月までの間にFITに認定された出力30kW(キロワット)以上、50kW未満の太陽光発電所、全3万2813件のうち、1451件に分割案件の疑いがあることが明らかになっていた。

 経済産業省はこうした状況に対する改善措置として、50kW未満の設備の認定を委託している太陽光発電協会・代行申請センターにおいて、発電所の確認を徹底する施策を行った。具体的には2015年12月から、発電所の認定時に、過去に認定した設備および申請中の設備の情報を突き合わせられるシステムを導入。認定時に分割案件である可能性をより厳しくチェックできるようにした。

 この結果、分割案件の可能性があると判断された案件の割合は、システム導入前は16万7428件の申請に対して8464件(5.1%)だったが、導入後は9万9667件の申請に対して1万1576件(11.6%)と高まった。なお、分割の恐れがあると判断したすべての申請については、申請者に対して分割案件でないことを客観的に証明する書類の提出と、申請を取り下げた上で、関連する発電設備をまとめて1つの発電設備として再申請するように依頼したとしている。認定取得後において軽微変更届出を行った事業者に対しても、同様に対応したとする。

工事負担金の内訳を明確に

 総務省の2つ目の勧告は、電力会社が太陽光発電事業者に請求する工事負担金に関するものだ。工事費負担金とは、発電事業者が電力会社へ接続するために負担しなければならない電線、電力量計などの設置に要する費用のこと。

 電力会社はその内訳を書面で発電事業者に示さなければならないとされている。しかし2015年の調査では全161件のうち、「内訳の提示不十分」と判断された案件が31件あった。そこで総務省は経済産業省に対し、工事負担金の内訳を明示するよう電力会社に指導を行うよう勧告していた。

 これに対し経済産業省は各電力会社に対して、工事費負担金内訳の提示を徹底し、その結果を報告するよう文書で指導した。各電力会社は社内での周知を実施しているとする。経済産業省では2016年度中にこうした対応の成果を検証する計画だ。

収支状況は改善

 3つ目の勧告は、交付金財源の不足による借入金の借入れに伴い発生する利息や、借入手数料などで電気使用者の負担の増加を招かないよう対策を行うべきというものだ。経済産業省は2015年度の賦課金単価から算定方法の見直しを実施。その結果、2016年6月末の借入残高は約11億円に減少したとしている。2016年度の賦課金単価は、さらなる精緻に算定するとした。

最終更新:9月2日(金)7時10分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]